コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨシヤ Josiah

翻訳|Josiah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨシヤ
Josiah

旧約聖書中の人物。ユダ王国の王 (在位前 640頃~609) 。アモンとエデダの子。8歳頃即位し 31年間エルサレムを治め,申命記的改革と呼ばれる徹底した宗教改革を行なった。この改革の発端は,前 622年聖殿で大祭司ヒルキヤが律法の書を発見したことである。彼はこの契約の書の言葉をユダとエルサレムの民,祭司,預言者の前で読上げ,主の前に契約を立て,主に従って歩み,心を尽し精神を尽して主の戒めと,あかしと,定めとを守り,この書物に記されている契約の言葉を行うことを誓った。また異教の礼拝所を廃止し,主の礼拝所をエルサレムに集中した。のちに新バビロニアに対抗するため,アッシリアに援軍を送ろうとしたエジプトの王ネコ2世と戦ってメギドに死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨシヤ【Josiah】

古代イスラエルの南王国ユダの第17代の王。在位,前640‐前609年。父アモンが暗殺されて後,幼少にして王位に就く。王として自発的に活動できる時期になって,幸運にもアッシリアの勢力が衰退し,ユダの独立に成功した。続いて1世紀の間アッシリアの属州となっていた旧北王国領を軍事的に解放し,統一王国時代のイスラエル部族領を回復,アッシリアの宗教的影響を一掃する。軍事組織の強化,官僚制の整備,申命記法の制定,地方聖所での祭儀と祭司職を国家の宗教的組織に吸収する〈申命記改革〉を遂行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨシヤの言及

【イスラエル】より

… 南ユダ王国は,統一王国分裂後もダビデ家の支配下にとどまり,北イスラエル王国の滅亡とともに,イスラエルの伝統の唯一の継承者となった。前7世紀後半に,アッシリア帝国の衰退に乗じて,ヨシヤ王がいわゆる〈申命記改革〉を行ってヤハウェ信仰の復興と政治的独立を果たしたが,前586年にバビロニアに滅ぼされ,ユダの指導者たちはバビロンに捕囚された。しかしその50年後に,ペルシア王キュロスに解放されてエルサレムに帰還したユダヤ人によって,イスラエルの伝統を継承するユダヤ教が形成されたのである。…

【ユダ王国】より

ヒゼキヤ王が守るエルサレムは奇跡的に陥落を免れたが,その後約70年間,ユダはアッシリアの属国となった。前7世紀後半になってアッシリアが衰退すると,ヨシヤ王は軍事国家を建設し,アッシリアの属州となっていた北イスラエルを併合,〈申命記改革〉によって民族主義的精神復興を図った。しかし,ヨシヤはエジプトと戦って敗死し,前586年バビロニア軍がエルサレムを占領,ユダの支配階級は捕囚されて,王国は滅亡した。…

※「ヨシヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨシヤの関連キーワードエルサレム神殿ネコ[2世]バビロン捕囚第3エズラ記ハバクク書エホヤキム申命記編者エホアハズゼパニヤ書谷 耕平ゼデキアエレミヤ旧約聖書ヤンマ歴代志レビ人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android