コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨセフス Josephus, Flavius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨセフス
Josephus, Flavius

[生]37/38. エルサレム
[没]100頃.ローマ
ユダヤの祭司,歴史家。ユダヤ名 Joseph Ben Matthias。 16歳から3年間荒野で修行したのち,エルサレムに帰り,親ローマ的なパリサイ派に属した。 64年使節としてローマにおもむき,ネロ帝の第2夫人の知遇を得,ローマの軍事力に感銘した。ユダヤ戦争 (66~70) 前夜に帰国,ガリラヤ方面の司令官に任じられて拠点を死守したが敗れて,のちの皇帝ウェスパシアヌスの捕虜となった。 69年ウェスパシアヌスが即位すると,これを予言したヨセフスは解放され,以後皇帝の姓フラウィウスを名のって彼に仕え,70年のエルサレム攻囲には皇帝の子チツスの軍に従って参加,両軍の仲介に努力したが成功せず,エルサレム陥落後は,ローマに滞在して皇帝の庇護のもと著作に専念した。主著は,『ユダヤ戦記』 Bellum Judaicum (7巻,75~79) ,『ユダヤ古代史』 Antiquitates Judaicae (20巻,93) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨセフス(Josephus Flavius)

[37ころ~100ころ]ユダヤ人の歴史家。エルサレムに生まれる。ローマの捕囚となるが許され、のちローマ帝の側近として仕える。ローマに住み、ユダヤ史をギリシャ語著述、「ユダヤ戦記」「ユダヤ古代誌」などを残した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ヨセフス【Josephus Flavius】

37か38‐100ころ
ユダヤ人歴史家,著述家。エルサレムの名門祭司の家に生まれ,聖書と律法解釈の教育を受けた後,パリサイ,サドカイ,エッセネの3派を巡る。64年ころローマへ使節として赴く。66年第1次ユダヤ戦争勃発とともにガリラヤの長官となり,翌年ローマ軍に投降。敵将ウェスパシアヌスとその子ティトゥスがローマ皇帝となることを予言し,69年予言の実現とともに自由の身になり,新帝の氏族名フラウィウスを与えられ,71年以降ローマに住み,新帝以下フラウィウス朝の皇帝たちの保護の下に著述に専念し,ギリシア語による大部な著作を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヨセフス【Josephus Flavius】

37頃~100頃) ユダヤ人の歴史家。ローマ世界に向けてユダヤ史をギリシャ語で著述した。著「ユダヤ戦記」「ユダヤ古代誌」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨセフス
よせふす
Flavius Josephus
(37/38―100ころ)

ユダヤの歴史家。祭司の家系に生まれ、第一ユダヤ戦争(66~73)ではユダヤ軍のガリラヤ地区の指揮官として戦ったが、彼の立てこもったヨタパタの陥落とともに、ローマ軍総司令官で後の皇帝ウェパシアヌスに投降した。その後ローマ軍の案内人となり、70年、エルサレムの陥落後、ローマに赴き、ローマ市民権、土地、年金を与えられ、著作活動に専念した。『ユダヤ戦記』(七巻)、『ユダヤ古代誌』(20巻)、『自伝』(一巻)、『アピオン反論』(二巻)がその著作として伝えられ、いずれもギリシア語で記されている。彼は戦争では民族を裏切った立場に置かれたが、この戦争を扇動した熱心党を糾弾し、異民族に対してはユダヤ人を弁護した。彼の史書は、ユダヤ史はもちろん、ローマ史、原始キリスト教史にも貴重な史料を提供している。[秀村欣二]
『新見宏・秦剛平訳『ヨセフス全集』全16巻(1975~85・山本書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨセフスの関連キーワードナザレ(ガリラヤ地方)ヤコブ(イエスの兄弟)サロメ(新約聖書)イエス・キリストヘゲシップスサドカイ派エッセネ派継子立てヘロデ党神政政治秀村欣二マネトー神権政治マサダ誕生石モリアピラトゾアルペトラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android