コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス8世 ヨハネスはっせいJohannes VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス8世
ヨハネスはっせい
Johannes VIII

[生]? ローマ
[没]882.12.16. ローマ
教皇 (在位 872~882) 。スラブ人のキリスト教化の問題でメトディオスを支持し,典礼でのスラブ語使用を認めた (→キュリロスとメトディオス ) 。 879年フォチオスをコンスタンチノープル総大司教として容認し,ギリシア教会との対立を収拾。サラセン人の侵略に対しては皇帝と協力して対処し,875年カルル2世 (禿頭王) ,881年カルル3世 (肥満王) に加冠して帝位継承権裁治者としての教皇の力を強化した。

ヨハネス8世
ヨハネスはっせい
Johannes VIII Palaeologus

[生]1390
[没]1448.10.31. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1425~48) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 8世とも呼ばれる。マヌエル2世の息子で 1421年以来副帝をつとめ,父の死後,即位。バルカン半島におけるオスマン・トルコの勢力伸長 (1422年の首都コンスタンチノープルの一時占領,30年のテッサロニカ占領) に対し,37年みずからイタリアにおもむき,西ヨーロッパの援助を求めた。 39年にはフェララ・フロレンスの公会議でローマ・カトリックの首位権を認め,東西両教会の統一宣言に署名するなどしたが,実効はなかった。帝位継承問題で心を痛め,さらに 48年コソボの戦いでトルコ軍勝利の悲報に接し,心労のあまり没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハネス8世の関連キーワードコンスタンティノス[11世]コンスタンティノス(11世)ステファヌス5世(6世)コンスタンチヌス11世カルル2世(禿頭王)フィレンツェ公会議アナスタシウスパレオロゴス朝メトディオスマリヌス1世ヨアンネスマヌエルロイジスプレトンヨハンナ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android