コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス8世 ヨハネスはっせい Johannes VIII

2件 の用語解説(ヨハネス8世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス8世
ヨハネスはっせい
Johannes VIII

[生]? ローマ
[没]882.12.16. ローマ
教皇 (在位 872~882) 。スラブ人キリスト教化の問題でメトディオスを支持し,典礼でのスラブ語使用を認めた (→キュリロスとメトディオス ) 。 879年フォチオスコンスタンチノープル総大司教として容認し,ギリシア教会との対立を収拾。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヨハネス8世
ヨハネスはっせい
Johannes VIII Palaeologus

[生]1390
[没]1448.10.31. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 1425~48) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 8世とも呼ばれるマヌエル2世の息子で 1421年以来副帝をつとめ,父の死後,即位。バルカン半島におけるオスマン・トルコの勢力伸長 (1422年の首都コンスタンチノープルの一時占領,30年のテッサロニカ占領) に対し,37年みずからイタリアにおもむき,西ヨーロッパの援助を求めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス8世の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没N末端残基敷政門院Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone