ライト兄弟(読み)ライトきょうだい(英語表記)Wright,Wilbur and Orville

  • Orville 1871〜1948
  • Wilbur 1867〜1912
  • Wright
  • ライトきょうだい ‥キャウダイ
  • ライトきょうだい〔キヤウダイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

()ウィルバー  Wilbur   1867.4.16. インディアナ,ミルビル近郊~1912.5.30. オハイオ,デートン 
(弟)オービル  Orville   1871.8.19. オハイオ,デートン~1948.1.30. オハイオ,デートン 
アメリカ合衆国の発明家兄弟で,航空の先駆者。同胞教会の高位聖職者の家に生まれ,幼年から機械類に優れた才能を発揮。ドイツのオットー・リリエンタールによるグライダー飛行に興味をいだき,動力飛行の実現を目指して,おもに飛行機の空中制御機構の研究を進めた。 1902年秋から全重量 370kg,12馬力のエンジンを積んだ第1号機の製作にとりかかり,翌 1903年 12月 17日ノースカロライナ州キティホークでこれを飛ばし,人類初の動力飛行に成功した。その後も飛行機の改良に努め,ヨーロッパ各地で華々しい公開飛行を行なった。ウィルバーはライト航空会社を創立,オービルは研究者として,ともにアメリカ航空技術の発展に貢献。デートンにはライトの名を冠したアメリカ空軍の研究所がある。 (→ライト・フライヤー )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

米国の発明家。ウィルバー=ライト(Wilbur Wright[1867~1912])とオービル=ライト(Orville Wright[1871~1948])の兄弟。自転車の製造販売業をしていたが、リリエンタールの飛行実験に影響されてグライダーの製作を開始。1903年に複葉機を完成させ、人類初の動力飛行に成功。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

米国の飛行機製作者。兄はWilbur Wright〔1867-1912〕,はOrville Wright〔1871-1948〕。共同で自転車店を営むかたわら飛行機を研究,グライダーによる飛行実験などののち,1903年12月17日ノース・カロライナ州キティ・ホークで,12馬力ガソリンエンジンを積んだ複葉機により,世界最初の動力飛行(この日の最高記録は滞空59秒,距離260m)に成功した。
→関連項目航空デートン二宮忠八飛行機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカの飛行機開発者。兄はウィルバーWilbur Wright(1867‐1912),弟はオービルOrville Wright(1871‐1948)。牧師の子として生まれ,もともとは自転車製造業者であったが,ドイツの航空先駆者O.リリエンタールなどに刺激を受け,空飛ぶ機械を構想した。彼らの真の目的は,人類にを与えるというような抽象的なものではなく,またリリエンタールのように青少年の目を空へ向けるためのスポーツ志向でもなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

兄 Wilbur W. 1867~1912 弟 Orville W. 1871~1948 アメリカの飛行機開発者。兄弟でグライダーなどの実験を重ね、ガソリン機関を動力とする飛行機を製作、1903年人類初の動力飛行に成功。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ウィルバー=ライト(Wilbur Wright 一八六七‐一九一二)とオービル=ライト(Orville Wright 一八七一‐一九四八)の兄弟。アメリカの航空技術者。一九〇三年、ノースカロライナ州キティホークの海岸で、人類初の発動機つき飛行機による飛行に成功、飛行機製作の先進的役割をはたした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ともにアメリカの飛行機発明家
1902年に試作した複翼グライダーに発動機プロペラを付け,1903年ノースカロライナで59秒,260mの人類最初の直線飛行に成功した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のライト兄弟の言及

【グライダー】より

…O.リリエンタールの墜落死(1896)以後,何人かの後継者がグライダーの改良を続けたが,その中の一人であるアメリカの鉄道技師シャヌートOctave Chanute(1832‐1910)は,複葉のグライダーを製作し,1000回を超える滑空に成功したうえ,飛行機械についての本も出版した。多くの彼への問合せの手紙の中には,ライト兄弟の兄ウィルバーのものもあり,ライト兄弟はシャヌートを師とし,彼らなりにも滑空実験を行った後,1903年12月17日の飛行機による初飛行に成功したのである。飛行機の発達によってグライダーは一時期忘れられた存在となったが,第1次世界大戦後飛行機の製造が制限されたドイツでは,グライダーの研究が盛んとなり,これが契機となってスポーツとしてのグライダーが世界的に普及した。…

【航空】より

…この未開の分野の開拓のため,リリエンタールをはじめ,多くの人が墜落して命を失った。 アメリカのライト兄弟は,滑空実験結果をもとに製作した機体に,重量が軽い割りに馬力のでるガソリンエンジンを積んだ飛行機で,1903年12月17日,世界最初の動力飛行に成功した。モンゴルフィエ兄弟による気球による人類最初の飛行よりちょうど120年も後だった。…

【飛行機】より

…この中で気球や飛行船は原理が簡単で楽に作れるので,早くも1783年にはフランスのモンゴルフィエ兄弟の気球で人類最初の飛行が行われた。しかし飛行機は原理的にむずかしく,実現までにはいろいろの問題を解決しなければならなかったので,それより120年も遅れて,1903年になって,やっとアメリカのライト兄弟の飛行機が人類最初の動力飛行に成功した。 しかしいったん道が開けると,飛行機のほうが進歩が速かった。…

※「ライト兄弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライト兄弟の関連情報