コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライリー ライリー Riley, Bridget Louise

6件 の用語解説(ライリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライリー
ライリー
Riley, Bridget Louise

[生]1931.4.25. ロンドン
イギリスの女性画家。ゴールドスミス美術学校ロイヤル・アカデミーに学ぶ。ヨーロッパを旅行し,イタリア未来派に強い影響を受けた。 1961年初めて抽象画を描き,1960年代にはオプティカル・アートの代表的画家と目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ライリー
ライリー
Riley, James Whitcomb

[生]1849.10.7. インディアナ,グリーンフィールド
[没]1916.7.22. インディアナポリス
アメリカの詩人。少年時代からさまざまな職業につきながら放浪生活をおくり,のちジャーナリズムに関係,インディアナ方言を駆使して中西部の農民を歌った,感傷的あるいはユーモラスな詩によって認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ライリー
ライリー
Riley, John

[生]1646. ロンドン
[没]1691. ロンドン
イギリスの画家。 I.フラーに師事し,1670年頃からロンドンで肖像画家として活躍。有名人の肖像を数多く描いた。主要作品はロンドンの国立肖像絵画館に収蔵されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ライリー
ライリー
Riley, Terry Mitchell

[生]1935.6.24. カリフォルニアコーファックス
アメリカの作曲家。 1955~57年サンフランシスコ州立大学で作曲を学び,61年カリフォルニア大学修了。前衛芸術家グループフルクサス」運動に参加。 64年,持続されるC音のパルスと 53種の音型を任意に反復する『インC』を作曲,ミニマル・ミュージックの代表作となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ライリー

英国の画家。ロンドン生れ。1959年スーラ点描主義の視覚的な効果に注目し,1960年から白と黒の小さな形態や曲線が生み出す波状パターンの視覚効果を追求する。1956年の〈感応する眼〉展(ニューヨーク近代美術館)に出品し,オプ・アートの代表的な画家となる。
→関連項目バザレリ

ライリー

米国の作曲家,即興演奏家。カリフォルニア州生れ。ピアノと作曲を学んだのちP.オリベロス〔1932-〕とともに即興演奏のグループを結成し,ポップスジャズの奏者と交流。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ライリーの関連キーワードカリフォルニア工科大学カリフォルニア米カリフォルニアロールカリフォルニア巻カリフォルニア・ドリームカリフォルニア・レーズンデーカリフォルニケーションさらばカリフォルニアピザ・カリフォルニア夢のカリフォルニア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライリーの関連情報