ラシュリエ(読み)らしゅりえ(英語表記)Jules Lachelier

日本大百科全書(ニッポニカ)「ラシュリエ」の解説

ラシュリエ
らしゅりえ
Jules Lachelier
(1832―1918)

フランスの哲学者。フォンテンブローの生まれ。高等師範学校(エコールノルマル・シュペリュール)教授。『帰納法の基礎について』(1871)で学位号を受けた。メーヌ・ド・ビラン、ラベッソン・モリアン、カントの影響下に、唯心論的・批判的観念論を展開した。中心的主題は、経験に現れるがままの世界の存在はいかなる条件を満たすべきか、いかにして世界は思惟(しい)の対象になるか、ということであったが、すべての存在の最終的根拠は人間精神の絶対的自発性であるという立場から、機械論と目的論との融合を試みた。彼の講義は、ブートルーやベルクソンら多くの俊秀に深い影響を及ぼした。ほかに『心理学と形而上(けいじじょう)学』(1885)などがある。

[足立和浩 2015年6月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラシュリエ」の解説

ラシュリエ
Lachelier, Jules

[生]1832.5.27. フォンテンブロー
[]1918.1.16. フォンテンブロー
フランスの観念論哲学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) で学び,1864~75年教授。従来のクーザン派のドグマティズムに代えて,J.ラベッソン=モリアンとともに新唯心論をフランス哲学の主流とした。門下からは E.ブートルー,H.ベルグソンが出た。視学官などをつとめて教育行政にも重きをなした。主著『帰納法の基礎』 Du fondement de l'induction (1871) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ラシュリエ」の解説

ラシュリエ【Jules Lachelier】

1832‐1918
フランスの哲学者,教育者,エコール・ノルマル・シュペリウール教授。プロティノス,カントの影響下に,ヘーゲルらと呼応しつつ観念論的唯心論の立場から人間の内面と宇宙の相互連関的本質を追求。思惟は単なる事象把握の人間能力ではなく,事象そのものの存立の原理であり,その自己展開によって因果律的事象連関,目的論的事象連関などが可能になり,倫理的・宗教的行為は至高思惟の〈象徴〉であるとする。著書に《帰納の根拠》(1871),《心理学と形而上学》(1885)等がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android