コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッダイト運動 ラッダイトウンドウ

デジタル大辞泉の解説

ラッダイト‐うんどう【ラッダイト運動】

英国産業革命期の1810年代、繊維工業を中心に起こった職人や労働者の機械打ち壊し運動。運動の指導者と想定されたネッド=ラッド(Ned Ludd)にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラッダイト運動【ラッダイトうんどう】

産業革命期に,機械の導入によって失業共同体解体脅威にさらされた英国手工業者・労働者の起こした機械破壊運動。1811年―1817年ころ中・北部の織物工業地帯に広がり,政府はきびしい弾圧を加えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラッダイトうんどう【ラッダイト運動】

1810年代にイギリスのイングランド中部,北部の紡績・織布業地帯で起きた一連の機械打ちこわし事件。ラッダイトLudditeの名称はネッド・ラッドNed Luddと呼ばれた指導者に由来するが,この人物についての詳細は不明。ラッドの名前は各地で雇用主に対する脅迫の際にしばしば用いられた。労働者がその要求を雇用主側にのませるために組織的に生産手段を破壊することは古くからの伝統的な争議行為の形態であって,ラッダイト運動はその最後の,しかも最大規模のものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラッダイトうんどう【ラッダイト運動】

イギリス産業革命期の機械打ちこわし運動。1811~17年、中部・北部の手工業者たちが生活苦や失業の原因を技術革新と機械導入によるものとして起こした。運動の指導者と目されたネッド=ラッド(Ned Ludd)にちなむ命名。ラッディズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のラッダイト運動の言及

【労働運動】より

…弾圧が強いためもあり,恒常的な組織を欠くこともこの時期の特徴である。ラッダイト運動はその好例であり,R.オーエンに指導された全国労働組合大連合(1834)も単に労働時間の短縮だけでなく,新しい秩序を目ざす運動であった。チャーチスト運動は労働者階級による最初の大規模な政治的運動であった。…

※「ラッダイト運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラッダイト運動の関連キーワードネオラッダイトマーティノー労働運動ラフバラ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラッダイト運動の関連情報