コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフ(拉祜)族 ラフぞくLa-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフ(拉祜)族
ラフぞく
La-hu

中国南西部の雲南省を中心にミャンマータイにかけて分布する山地民族。中国領内には約 40万 (1990) が住み,ランツァンラフ (瀾滄拉 祜) 族自治県がある。タイではムッソー (狩人の意) と呼ばれる。言語はチベット=ビルマ語族に属し,アカ語やリス語に類似する。焼畑耕作を営み,そば,陸稲,とうもろこしなどを栽培するが,中国では水稲耕作が発展している。男性は熟練した狩人であることを誇りにする。多くのものにひそむという精霊ニエを信じ,村では首長とともに,ポー・クーという宗教的指導者の権威が高い。なお中国では仏教徒が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラフ(拉祜)族の関連キーワードラフ族(拉祜族)チベット

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android