ラフ族(読み)ラフぞく

百科事典マイペディアの解説

ラフ族【ラフぞく】

中国,雲南省南西部国境の山岳地帯に主に居住する民族。タイにも分布。言語はイ語派。かつて〈虎を狩る人〉として知られたように狩猟や焼畑農業に従事し,タイ族の土司に隷属していた。森林で狩猟を行い〈沈黙交易〉で知られる〈クツォン(苦聡)人〉は1987年に中国少数民族としてラフ族に加えられた。中国に約41万人(1990)。
→関連項目ゴールデン・トライアングル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android