コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラロトンガ島 ラロトンガとう Rarotonga

翻訳|Rarotonga

3件 の用語解説(ラロトンガ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラロトンガ島
ラロトンガとう
Rarotonga

南太平洋中部,クック諸島最大の島。ニュージーランドの北東約 3400kmに位置する。サンゴ礁に囲まれた火山島で,最高地点 652m。熱帯・亜熱帯果実が栽培される。軽工業が行なわれるほか,1973年に国際空港が開かれ観光業が発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラロトンガ‐とう〔‐タウ〕【ラロトンガ島】

Rarotonga》南太平洋、クック諸島の主島。火山島で、最高峰はテマンガ山(標高653メートル)。白い砂浜やサンゴ礁に囲まれ、海岸保養地として人気がある。首都は北岸のアバルア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラロトンガ島
らろとんがとう
Rarotonga

南太平洋、ポリネシアクック諸島の主島で、首都アバルアAvaruaがある。面積67平方キロメートル、人口9678(1986)。火山島で、最高点はテ・マンガ火山(652メートル)。住民はポリネシア系。おもな輸出品はコプラ、オレンジジュース。島の南と西に顕著なラグーン(潟(せき)湖)や、東の白砂海岸ムリ・ビーチ、北はヤシの並木がある港町アバルアなど、美しい風景に恵まれ、観光地として発展している。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラロトンガ島の関連キーワードアドミラルティ諸島ケルマデック諸島グアム島クック諸島トラック諸島ニュージーランドビスマーク諸島環太平洋ニュージョージアニューヘブリディーズ諸島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラロトンガ島の関連情報