コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラロトンガ島 ラロトンガとうRarotonga

翻訳|Rarotonga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラロトンガ島
ラロトンガとう
Rarotonga

南太平洋中部,クック諸島最大の島。ニュージーランドの北東約 3400kmに位置する。サンゴ礁に囲まれた火山島で,最高地点 652m。熱帯・亜熱帯果実が栽培される。軽工業が行なわれるほか,1973年に国際空港が開かれ観光業が発達した。ポリネシア系住民の古い寺院や道路などの遺跡がある。首都アバルアの所在地。面積 67km2。人口 1万4153(2006速報値)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラロトンガ‐とう〔‐タウ〕【ラロトンガ島】

Rarotonga》南太平洋、クック諸島の主島。火山島で、最高峰はテマンガ山(標高653メートル)。白い砂浜やサンゴ礁に囲まれ、海岸保養地として人気がある。首都は北岸のアバルア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラロトンガ島
らろとんがとう
Rarotonga

南太平洋、ポリネシア、クック諸島の主島で、首都アバルアAvaruaがある。面積67平方キロメートル、人口9678(1986)。火山島で、最高点はテ・マンガ火山(652メートル)。住民はポリネシア系。おもな輸出品はコプラ、オレンジジュース。島の南と西に顕著なラグーン(潟(せき)湖)や、東の白砂海岸ムリ・ビーチ、北はヤシの並木がある港町アバルアなど、美しい風景に恵まれ、観光地として発展している。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラロトンガ島の関連キーワード南太平洋非核地帯条約テバラヌイ文化村アライテトンガハタタテカサゴブラックロックアイツタキ島マンガイア島ミチアロ島マニヒキ島ペンリン島オセアニアアロランギプカプカ島ムリビーチアチウ島マウケ島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android