ランベルト=ベールの法則(読み)ランベルト=ベールのほうそく(英語表記)Lambert-Beer's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランベルト=ベールの法則
ランベルト=ベールのほうそく
Lambert-Beer's law

光の物質による吸収に関する法則ランベルトの法則ベールの法則とを組合せたもの。入射光の強度を I0 ,物質を透過したあとの光の強度を I ,吸収層の厚さを l ,濃度を c ,吸光係数をεとすれば II0 exp (-εcl) で表わされる。 c をモル濃度で表わし,l=10mm のときのεの値をモル吸収係数と呼ぶ。なお,ベールの法則では気体や溶液での吸収の強さは,吸収層の光の進路中の分子数に比例し,希釈度圧力には無関係であるが,濃度や圧力が非常に大きくなると成立しないことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android