コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸光光度法 きゅうこうこうどほう absorptimetry

2件 の用語解説(吸光光度法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうこうこうどほう【吸光光度法 absorptimetry】

透明ないし半透明の気体,液体,固体が光を吸収するとき,その吸収の強度と波長から物質の定量・同定を行う方法。測定には分光光度計が用いられるが,これは光源,分光器,および光検出装置から成り,試料は光源から光検出器までのどこかに挿入される。光源は安定性のよい白熱ランプや気体放電管が用いられ,分光器にはスペクトル分離のためのプリズムフィルター回折格子が併用されている。また光電池光電子増倍管が光検出器に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸光光度法
きゅうこうこうどほう
absorptiometric method

物質に対する光の吸収現象を利用した分析法をいうが、一般には溶液状態にある分子やイオンなどの光吸収物質によって吸収される単色光の量からその成分の濃度を求めたり、物性の測定を行う方法をいう。このとき吸収される量は、普通ランベルト‐ベールの法則とよばれる法則によって記述される。歴史的事情から吸光光度分析法、紫外可視分光光度法または同光度分析法、分光光度定量法、比色分析法光吸収分析法などの名前でよばれることも多い。吸光光度法の取り扱う波長範囲は紫外部(約200~380ナノメートル。1ナノメートルは10億分の1メートル)、可視部(約380~780ナノメートル)、および赤外領域であるが、赤外領域は赤外線分光光度法として別に取り扱われることが多い。光の吸収量を測るためには測光器が必要であり、肉眼による簡単な比色管や比色計から、高精度な光電測光式のものまである。光電測光式のうち、波長選別器として回折格子やプリズムを有する装置を分光光度計、フィルターを用いる装置を光電光度計という。種々の異なった形式のものが市販されている。[高田健夫]
『高田芳矩著『吸光光度法の実際』(1979・講談社) ▽桑克彦著『吸光光度法 自動分析編』(1985・共立出版) ▽奥修著『吸光光度法ノウハウ――ケイ酸・リン酸・硝酸塩の定量分析』(2002・技報堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸光光度法の関連キーワードシリカゲル黄燐界面シェラック透明薔薇輝石半透明透明七宝非金属光沢アトリタスの要素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吸光光度法の関連情報