コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・マンチャ ラマンチャ

2件 の用語解説(ラ・マンチャの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラ・マンチャ

スペイン中央部,新カスティリャ地方の南部を占める地域で,カスティリャ・イ・ラ・マンチャ自治州を形成。乾燥して樹木の少ない高原で,標高500〜600m。セルバンテスの《ドン・キホーテ》の舞台として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・マンチャ
らまんちゃ
La Mancha

スペイン中南部、高原地帯メセタ南東部の地域名。トレド、シウダド・レアル、クエンカアルバセテの四県にまたがる。東西約270キロメートル、南北約170キロメートル。名称は高原を意味するアラビア語のMa'anxaに由来する。中心部は標高700メートル。乾燥し、荒涼とした単調な平原に白壁の家が点在する景観を示す。気候は大陸性で、日較差が大きく(過去最大40℃)、夏に乾燥が強い。冬の寒さは厳しく、零下20℃以下になる所もある。かつて粉ひきに用いられたこの地方特有の風車が残る。セルバンテスの『ドン・キホーテ』の舞台。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・マンチャの関連キーワードカステラファンダンゴアメリカスペイン戦争カスティリャサンティリャーナデルマルサンパブロ教会トレド大聖堂バリャドリード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・マンチャの関連情報