ラーマクリシュナ・ミッション(英語表記)Ramakrishna Mission

  • Rāmakrishna Mission
  • らーまくりしゅなみっしょん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1897年ビベーカーナンダによって設立されたインドの宗教教団。すべての宗教の帰する真理は一つであると唱えたラーマクリシュナの思想に基づき,博愛主義と普遍主義に立脚した新ヒンドゥーイズムを主張。諸宗教を和合して宗派,信条,カーストの区別をこえて人々のための救済奉仕に努め,難民救済,社会福祉に尽している。世界的規模をもつインド最大の教団であり,日本では東京ラーマクリシュナ=ベーダーンタ協会がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1897年インドに設立された宗教団体。その名を冠されたラーマクリシュナは近代インドの宗教家で、神との合一体験をもち、その体験に基づいてすべての宗教が帰一すると説いた。その弟子となったビベーカーナンダは、ラーマクリシュナに欠ける近代的知性の持ち主で、師の神秘体験をインドの伝統的なベーダーンタ哲学の不二一元(ふにいちげん)論の思想によって補強し、不二一元論のもとで世界の諸宗教の対立が解消されると主張した。ビベーカーナンダはこの思想を1893年アメリカのシカゴで開催された世界宗教会議で発表し、多くの共鳴者を獲得し、その協力を得てその思想の実現のための機関であるベーダーンタ協会を、96年2月にニューヨークに設立した。しかし、そのような運動の拠点はインドにあるべきだと考えた彼は、翌97年5月1日、カルカッタ(現コルカタ)近郊のベルールに、亡き師の名を冠したラーマクリシュナ・ミッションを創設した。このミッションの目的は、ラーマクリシュナの真理を世界に広め、諸宗教の信者の間に友情を育てることである。さらに宗教の本質は奉仕の活動にあるとして、病院の設立や厚生・救護の活動を行い、教育・出版等の事業も推進している。現代インドにおける最大の宗教団体であるばかりか、世界の各地に支部がある。日本にもその支部がある。

[増原良彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラーマクリシュナ・ミッションの言及

【ビベーカーナンダ】より

…97年に帰国するまで欧米各地を講演し成功を収めた。97年にはラーマクリシュナ・ミッションを創設,翌年にはカルカッタ近郊のベルールに修道院を設立。1899‐1900年には再び欧米を歴訪した。…

【ラーマクリシュナ】より

…彼のまわりには数多くの知識人が集まるようになり,ヒンドゥー教の伝統が近代的に再生する気運を促した。ラーマクリシュナの法灯を受け継ぎ,ラーマクリシュナ・ミッションを組織したビベーカーナンダも,この時期に弟子となった。ヒンドゥー教のさまざまな伝統を修行面で融合,体現し,巧みな比喩を用いて平易に語った彼の語録のうち,モヘンドロナト・グプト(1854‐1932)の《大聖ラーマクリシュナ不滅の言葉》(5巻,1904‐32)が最も人口に膾炙(かいしや)している。…

※「ラーマクリシュナ・ミッション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android