コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リゲティ リゲティ Ligeti, György Sándora

5件 の用語解説(リゲティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リゲティ
リゲティ
Ligeti, György Sándora

[生]1923.5.28. ルーマニア,ディチェセントマルトン
[没]2006.6.12. オーストリアウィーン
オーストリアの作曲家。ユダヤ系ハンガリー人の両親のもとに生まれた。ブダペスト音楽院を卒業後,母校の教授を務めていたが,1956年ハンガリー動乱によりウィーンに亡命,のちにオーストリアの市民権を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リゲティ

ハンガリー出身のオーストリアの作曲家。両親はユダヤ系。1950年母校ブダペスト高等音楽学校の教授に就任し,バルトークなどの影響の濃い《弦楽四重奏曲第1番》(1953年−1954年,改訂1958年)などを作曲。
→関連項目アバド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リゲティ【György Ligeti】

1923‐
ハンガリー生れのオーストリアの作曲家。1949年ブダペスト音楽アカデミー卒業。50年同校の教授となったが,56年ハンガリー動乱を機にオーストリアに亡命。ケルン電子音楽スタジオで電子音楽とポストウェーベルンの手法(ミュジック・セリエル)を学ぶ。61年ドナウエッシンゲン音楽祭で初演された管弦楽曲《アトモスフェール》は,緻密に書き込んだトーン・クラスターの手法を用いたもので,60年代の作曲界に影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リゲティ【György Ligeti】

1923~2006) オーストリアの作曲家。ハンガリー生まれ。ハンガリー動乱を機にウィーンに亡命。前衛的手法に取り組む。作品「アパリション」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リゲティ
りげてぃ
Gyrgy Ligeti
(1923―2006)

ハンガリー生まれの作曲家。ブダペスト音楽アカデミーで教えていた1956年、祖国の動乱を避けるためにブダペストからウィーンへ亡命、67年にオーストリア国籍を取得した。亡命の翌年からケルンの電子音楽スタジオで働いたが、電子作品はほとんど書いていない(例外としてテープ音楽のための『アルティクラツィオン』1958)。59年からダルムシュタット夏期音楽講座で教え、73年からはハンブルク音楽大学に移った。ほかにもストックホルム音楽アカデミー、スタンフォード大学など世界各地で教鞭(きょうべん)をとった。ブーレーズ、シュトックハウゼン、ベリオらとともに、ポスト・セリー主義の代表的な作曲家として認められていた。ベルリン芸術賞(1972)、アメリカ芸術・文学アカデミー名誉会員(1984)、オネゲル賞(1985)、京都賞(2001)など数多くの受賞歴がある。
 彼の作品の特徴は初期の代表作『出現』(1958~59)、『アトモスフェール』(1961)、『ボルーミナ』(1961~62)、『アバンチュール』(1966)などに聴かれるような、速さの違う管弦楽器のグリッサンドを重ね合わせた音塊(トーン・クラスター)を用いた、分厚い音響の動きにある。これは『レクイエム』(1963~65)、『ルクス・エテルナ』(1967)のような合唱曲にも用いられ、従来の旋律、和声の概念を越えた音の「密度」という概念を確立した。これら一連の作品では、リズムよりも「流れ」や「圧力」が重要な要素として浮かびあがっている。そのほかの代表曲として、オペラ『大いなる死者』(1974~77)、チェンバロのための『ハンガリアン・ロック』(1978)、ピアノのための『練習曲』(1985)、『バイオリン協奏曲』(1990~92)などがある。なお、1950年代から60年代の作品は、スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』『アイズ・ワイド・シャット』の劇中に用いられた。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リゲティの関連キーワードアウスグライヒ狩りコルンゴルトオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲愛の夢アヴェ・ヴェルム・コルプスハンガリー幻想曲ハンガリー田園幻想曲モショニー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リゲティの関連情報