リチア輝石(読み)りちあきせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リチア輝石
りちあきせき
spodumene

長柱状あるいは厚板状の結晶をなす輝石の一種で、輝石中もっとも硬度が高い。花崗(かこう)岩ペグマタイトから、石英、長石、白雲母(しろうんも)、鱗(りん)雲母、リチア電気石などと産する。リチウムの原料として採掘されるほか、桃色透明なものはクンツ石kunzite、緑色透明なものはヒデナイトhiddeniteといって宝石に使われる。ブラジル、マダガスカル、アメリカなどから産する。日本では、茨城県常陸太田(ひたちおおた)市妙見(みょうけん)山から少量発見されている。学名は灰になるという意味のギリシア語に由来するが、この鉱物が一般的には灰色をしているところからつけられたのか、熱すると灰色の塊になるところからつけられたのかのいずれかである。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリチア輝石の言及

【輝石】より

…錐輝石ともいう),NaAlSi2O6(ヒスイ輝石),およびLiAlSi2O6(スポジューメンspodumene。リシア輝石またはリチア輝石ともいう)などである。岩石中ではこのような純粋な組成の単斜輝石はまれで,ふつうはこれらの間の固溶体である。…

【クンツァイト】より

…宝石の一種で,スポデューメンspodumene(リチア輝石LiAl(Si2O6))のうち,美しいライラック・ピンク色を示すものをいう。名はアメリカの宝石学者クンツG.F.Kunzにちなむもので,緑色石はヒデナイトhiddenite,黄色石はイェロー・スポデューメンと呼ばれる。…

※「リチア輝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android