コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リモージュ リモージュ Limoges

翻訳|Limoges

6件 の用語解説(リモージュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモージュ
リモージュ
Limoges

フランス中部,オートビエンヌ県の県都。マシフサントラル (中央山地) の西部に開けた谷の中央,ビエンヌ川沿岸に位置する工業都市ケルト人の一部族レモビス人の中心集落として古代から知られた町で,5世紀に異民族の侵入により破壊されたがまもなく再建,中世にはエマイユ (七宝細工) と金細工で知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リモージュ(Limoges)

フランス中西部の都市。18世紀以来、陶磁器の産地として知られ、機械・製靴・繊維工業なども行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リモージュ

フランス中部,オートビエンヌ県の県都。パリの南南西374km,ビエンヌ川河岸の都市。11世紀以来のエマイユ(七宝)製造で有名。また18世紀に近郊でカオリンカオリン鉱物)が発見されて以来,陶磁器の製造も盛ん。
→関連項目リムーザン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リモージュ【Limoges】

フランス中西部,オート・ビエンヌ県の県都で,リムーザン地域の主都。人口13万6000(1990)。都市の発展は工業,とりわけ19世紀後半に頂点に達した陶磁器(リモージュ焼)の生産にその多くを負ってきた。また建設業の中心でもあり,現在は機械工業(自動車,電気)の発達もみられるほか,印刷・繊維工業も無視できない。都市化の遅れた後進農業地域の中にあって,商業・行政・文化(1808創設の大学がある)の中心地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リモージュ【Limoges】

フランスの中西部にある都市。陶磁器の生産で知られ、聖堂などの古い建築物が多く残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リモージュ
りもーじゅ
Limoges

フランス南西部、リムーザン地方の中心都市。オート・ビエンヌ県の県都。ビエンヌ川の河畔に位置する。人口13万3968(1999)。行政、商業、文化の中心地であるが、18世紀に付近で陶土が発見され、以後陶磁器の産地として有名である。ほかに機械、靴、繊維、紙などの工業も発達している。町の歴史はローマ時代にさかのぼり、ガリアの一部族レモビケスLmovicesの首都であった。3世紀に聖マルシャルによってキリスト教がもたらされ、スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステラへ向かう巡礼者が立ち寄った。9世紀に修道院ができ、町はその周囲にも拡大した。13世紀にエナメル細工が発達したが、16世紀に宗教戦争で町は荒廃し、エナメル細工は衰えた。しかし18世紀に中国製品の導入による陶磁器生産で繁栄を取り戻した。ゴシック様式の司教座教会サンテティエンヌ教会(13~19世紀)や、15世紀のステンドグラスがあるサン・ミシェル・デ・リオン教会(14~15世紀)、13世紀の橋、陶磁器を中心とするアドリアン・デュブシェ博物館などがある。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリモージュの言及

【七宝】より

…2.1m×3.5m)である。西欧においては,11~12世紀にエマイユ・シャンルベが栄え,フランスのリモージュと,ライン・マース(ムーズ)川流域のモザン地方(モザン美術)とが,二大中心地をなした。リモージュでは静かな濃紺が支配的であり,〈ジョフロア・プランタジュネの七宝板〉(12世紀。…

【リムーザン】より

…リモザンLimosinとも書く。リムーザン家はリモージュの七宝細工工房の最も有名な家系で,16世紀前半から17世紀末までの系図がほぼ明らかになっている。彼はその始祖とされる。…

※「リモージュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リモージュの関連キーワードポアティエリムーザンレンヌポアチエサンジャン洗礼堂サンテチエンヌシャンパーニュアルデンヌノートルダムラグランド教会ポワトゥーシャラントトゥーレーヌ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リモージュの関連情報