コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リモージュ Limoges

翻訳|Limoges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモージュ
Limoges

フランス中部,オートビエンヌ県県都マシフサントラル (中央山地) の西部に開けた谷の中央,ビエンヌ川沿岸に位置する工業都市。ケルト人の一部族レモビス人の中心集落として古代から知られた町で,5世紀に異民族の侵入により破壊されたがまもなく再建,中世にはエマイユ (七宝細工) と金細工で知られた。疾病,飢饉,宗教戦争などによって 16世紀までにはすっかり疲弊したが,18世紀には繁栄を取戻した。産業は 18世紀に興隆したサンティリエの陶土による陶器が有名であるが,近代に入って機械工業なども導入され,国営兵器工場もある。ほかに繊維製品,靴なども国内有数の生産地として知られ,化学・食品工業も盛ん。 13世紀に建造された聖エティエンヌ大聖堂,ビエンヌ川にかかる2つの橋,高い塔と 15世紀のステンドグラスのある聖ミシェルデリヨン聖堂,12世紀以来のエマイユのコレクションで知られる市立博物館,アドリアンデュブーシェ国立陶芸美術館などがある。画家 P.ルノアールの生地。人口 14万138(2008)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リモージュ(Limoges)

フランス中西部の都市。18世紀以来、陶磁器の産地として知られ、機械・製靴繊維工業なども行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

リモージュ

フランス中部,オート・ビエンヌ県の県都。パリの南南西374km,ビエンヌ川河岸の都市。11世紀以来のエマイユ(七宝)製造で有名。また18世紀に近郊でカオリンカオリン鉱物)が発見されて以来,陶磁器の製造も盛ん。
→関連項目リムーザン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リモージュ【Limoges】

フランス中西部,オート・ビエンヌ県の県都で,リムーザン地域の主都。人口13万6000(1990)。都市の発展は工業,とりわけ19世紀後半に頂点に達した陶磁器(リモージュ焼)の生産にその多くを負ってきた。また建設業の中心でもあり,現在は機械工業(自動車,電気)の発達もみられるほか,印刷・繊維工業も無視できない。都市化の遅れた後進農業地域の中にあって,商業・行政・文化(1808創設の大学がある)の中心地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リモージュ【Limoges】

フランスの中西部にある都市。陶磁器の生産で知られ、聖堂などの古い建築物が多く残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リモージュ
りもーじゅ
Limoges

フランス南西部、リムーザン地方の中心都市。オート・ビエンヌ県の県都。ビエンヌ川の河畔に位置する。人口13万3968(1999)。行政、商業、文化の中心地であるが、18世紀に付近で陶土が発見され、以後陶磁器の産地として有名である。ほかに機械、靴、繊維、紙などの工業も発達している。町の歴史はローマ時代にさかのぼり、ガリアの一部族レモビケスLmovicesの首都であった。3世紀に聖マルシャルによってキリスト教がもたらされ、スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステラへ向かう巡礼者が立ち寄った。9世紀に修道院ができ、町はその周囲にも拡大した。13世紀にエナメル細工が発達したが、16世紀に宗教戦争で町は荒廃し、エナメル細工は衰えた。しかし18世紀に中国製品の導入による陶磁器生産で繁栄を取り戻した。ゴシック様式の司教座教会サンテティエンヌ教会(13~19世紀)や、15世紀のステンドグラスがあるサン・ミシェル・デ・リオン教会(14~15世紀)、13世紀の橋、陶磁器を中心とするアドリアン・デュブシェ博物館などがある。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリモージュの言及

【七宝】より

…2.1m×3.5m)である。西欧においては,11~12世紀にエマイユ・シャンルベが栄え,フランスのリモージュと,ライン・マース(ムーズ)川流域のモザン地方(モザン美術)とが,二大中心地をなした。リモージュでは静かな濃紺が支配的であり,〈ジョフロア・プランタジュネの七宝板〉(12世紀。…

【リムーザン】より

…リモザンLimosinとも書く。リムーザン家はリモージュの七宝細工工房の最も有名な家系で,16世紀前半から17世紀末までの系図がほぼ明らかになっている。彼はその始祖とされる。…

※「リモージュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リモージュの関連キーワードピエール・オーギュスト ルノアールオラドゥール・シュル・グラヌジョージ・E. クランシエビュジョ・ド・ラ・ピコヌリE.C. マランヴォーアンドレ アントアーヌグレゴリウス11世アンドレ テリーヴマルセル クーロージャン ジロドゥR. ハウスマンデュピュイトランマルティニャックオービュッソンリモージュ七宝ビエンヌ[川]彩色エナメルデュ・ベレークリュベイエアントアーヌ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リモージュの関連情報