コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウブ(令法) リョウブ Clethra barbinervis

2件 の用語解説(リョウブ(令法)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リョウブ(令法)
リョウブ
Clethra barbinervis

リョウブ科の落葉小高木。日本全土の日当りのよい山地に生える。高さは 6mぐらいで樹皮は茶褐色,紙のように薄くはげ,サルスベリの幹のようで目立つ。葉は長さ6~12cmの広卵状披針形で先はとがり,葉縁には鋸歯があって,手ざわりはあらく下面には毛が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リョウブ【リョウブ(令法) Clethera barbinervis Sieb.et Zucc.】

日当りのよい山地に生えるリョウブ科の落葉小高木。樹皮ははげやすく,樹の膚は茶褐色で滑らかである。茎は下部から分枝して直立し,高さ3~7m。葉は枝先に集まってつき,広倒披針形でとがり,長さ8~13cm,幅3~9cm,縁にとがった鋸歯がある。7~8月,枝先に数本に分枝した総状花序に多数の白色でウメの花状の花をつける。花は径6~8mm,花弁は5枚,おしべは10本。めしべの子房は3室からなる。蒴果(さくか)は球形で径4~5mm,密に毛が生える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リョウブ(令法)の関連キーワード秋の麒麟草野胡桃比翼草丸葉萩令法菊薊熊苺日当りクサボケヤマボクチ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone