コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウブ

2件 の用語解説(リョウブの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

リョウブ

リョウブ科の落葉小高木。北海道南部〜九州,東アジアの山地にはえる。樹皮はなめらか茶褐色を帯び,葉は広倒披針形で,枝先に集まってつく。7〜8月に枝先に長さ10cm内外の総状花序を出し,多数の白色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リョウブ
りょうぶ / 令法
[学]Clethra barbinervis Sieb. et Zucc.

リョウブ科の落葉高木。高さ7~10メートル。樹皮は滑らかで茶褐色、まだらにはげ、サルスベリに似る。葉は枝先に集まって互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ8~13センチメートル、先は短くとがり、基部はくさび形で縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、裏面の脈上に伏した毛がある。7~8月、枝先に長さ8~15センチメートルの総状花序を数個つくり、小さな白色花を多数開く。花弁は5枚、ばらばらに散る。果実は扁球(へんきゅう)形の(さくか)で径約4ミリメートル、毛を密生し、果柄の先は曲がる。山野に生え、北海道の渡島(おしま)半島から九州、および韓国の済州(さいしゅう)島に分布する。若葉はゆでてあく出しして食用とし、令法飯(りょうぶめし)などにする。材は緻密(ちみつ)で堅く、床柱、器具、薪炭材とする。
 リョウブ科は合弁花類でリョウブ属のみからなり、アメリカ、アジア、カナリア諸島に約30種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リョウブの関連キーワードバイ小梨小林檎たむしば丁子桜はしどい八丈桑ぼろぼろの木令法ウメ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リョウブの関連情報