リリシズム(英語表記)lyricism

翻訳|lyricism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リリシズム
lyricism

抒情性,特に芸術的表現に伴う場合をいう。またこれを追求する抒情精神。抒情詩 lyric poetryから出た言葉。叙事詩や劇などが客観的事実をその対象性,時間性において表現するのに対し,抒情詩では主観的体験または思索に基づく内的感動がその状態性,現在 (永遠の現在) 性において表現されるため,その素材である自然,生死,愛などの対象もこの感動の象徴に転化する傾向があり,しかも T. S.エリオットのいう第1の声 (詩人がみずからに語る声) による直接的表現となっている。現実の生の喜怒哀楽が昇華した形で表出される高度に芸術的な感動の特質が抒情性と呼ばれるものである。これはロマン主義,象徴主義,印象主義などの作品に顕著にみられるが,抒情詩のみならず,上記の主観性,象徴性,現在性のみられる他のジャンルの詩,小説,劇,映画などにも含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リリシズム【lyricism】

抒情性もしくは抒情精神。文芸の三大ジャンルとして抒情詩,叙事詩,劇詩が挙げられるが,この抒情詩を支える精神に着目して立てられる概念である。語源はギリシア語のリュラlyra(リラ)にあり,これと合奏する歌にただよう情調をさす。かかる情調は小説や戯曲あるいは映画などにも流れている場合が認められ,その普遍的意義が強調されるときにリリシズムが問題となる。形式的にみれば,芸術作品において,自然や生死もしくは愛憎などのすがたに,喜怒哀楽のごとき人生の内的感動が託されるとき,リリシズムは最高の発現をみる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リリシズム
りりしずむ
lyricism

叙情性。ギリシア語のlyra(竪琴(たてごと))から出たlyric(叙情詩)に由来する。竪琴にあわせて歌う叙情詩のもつ主観的、個性的情緒を貫く精神をいう。自由闊達(かったつ)な自己情緒の表現で、人間の喜怒哀楽をすなおに表明し、リズミカルな音楽性を伴い、主題としては生、死、愛が中心になる。比較的短い詩形の叙情詩の基調となるもので、主観的熱情の吐露、自己告白、自然観照など内容は多岐にわたる。叙事詩、物語詩、劇詩などの客観的描写とはおよそ無縁で、ルネサンス期、ロマン派、印象派の詩人たちの作品に共通する特色である。また音楽をはじめとする他の芸術ジャンルにも広くうかがえる。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リリシズムの関連情報