コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルソン[島] ルソン

2件 の用語解説(ルソン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルソン[島]【ルソン】

フィリピンの北部にあり,フィリピン諸島のうち最大で同国の主島。漢字では呂宋。地形は複雑で,南北に走る山系とその間にはさまる平野,河谷からなり,南東部にはボホール半島が延びる。
→関連項目アシエンダコルディリェラの棚田群スービク南蛮人ピナトゥボ[山]フィリピン松倉重政琉球貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルソン[島]【Luzon】

フィリピン群島中最も大きい島。漢字では呂宋と表記される。面積10万4687km2は国土総面積の約35%にあたる。東は太平洋,西は南シナ海に面し,北はルソン海峡により台湾と,南はシブヤン海によりビサヤ諸島と隔てる。島の北部から中部にかけてシエラ・マドレ,中央(セントラル)山脈,サンバレスの3本の山脈が南北方向に走って骨格を形成し,これらの間にカガヤン,中部ルソンの2大沖積平野が開ける。南部から南東のビコル半島にかけては大小の火山が林立し,その間に平野,盆地,丘陵が点在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のルソン[島]の言及

【タガログ族】より

…フィリピンのいわゆる平地キリスト教民の一グループで,マニラを中心にルソン島中部・南西部の諸州,およびミンドロ島海岸平野部やマリンドゥケ島などに住み,タガログ語を話す。人口は1000万(1975)で総人口の23.8%を占め,セブアーノ族と並んでフィリピン最大の言語グループを形成している。…

※「ルソン[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルソン[島]の関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝ルソン島群島比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone