ルビコン川(読み)ルビコンがわ(英語表記)Rubicon

翻訳|Rubicon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビコン川
ルビコンがわ
Rubicon

イタリア中部を東流し,アンコナ北西約 92km,リミニのすぐ北西でアドリア海に注ぐ小さな川。全長 24km。前 49年,内乱を起したカエサルが,当時ローマガリア境界線であったこの川を,法に反して兵に渡らせローマに進軍した。その故事から決定的一歩を踏出すことを意味する「ルビコンを渡る」という有名な言葉が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルビコン‐がわ〔‐がは〕【ルビコン川】

Rubicon》古代ローマ共和政時代に、属州ガリアイタリアとの境をなした川。ラベンナ付近でアドリア海に注ぐフィウミチーノ川に比定される。前49年、ポンペイウスとの対決を決意したカエサルが「賽(さい)は投げられた」と叫び、元老院令を無視して渡河したという故事で知られ、重大な行動に出るたとえとして「ルビコンを渡る」と用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルビコン川
るびこんがわ
Rubicon

共和政期ローマにおいて、属州ガリア(ガリア・キサルピナ。「アルプスのこちらのガリア」の意)とイタリアの境界になっていた川。ラベンナとアリミヌムの間を流れ、アドリア海に注ぐ細流。どの流れをルビコン川に比定するか、古来諸説紛々としていたが、現在ではフィウミチーノ川がルビコン川にあたるとみられている。紀元前49年1月、カエサルが、メナンドロスの詩句の一部「賽(さい)は投げられた」(正確には「さいころは投げてしまおう」)と叫んで、乾坤一擲(けんこんいってき)、この国境の川を越える国法侵害のうえ、ポンペイウス一派との内乱に突入したことで有名である。[長谷川博隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ルビコン‐がわ ‥がは【ルビコン川】

(ルビコンはRubicon) 古代ローマ共和政時代、イタリアと属州ガリアの境となっていた川。紀元前四九年カエサルが任地からローマに進撃した時、「骰子(さい)は投げられた」と叫んで渡河したと伝えられる。現在のフィウミチーノ川にあたると推定される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルビコン川の関連情報