コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビコン川 ルビコンがわRubicon

翻訳|Rubicon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビコン川
ルビコンがわ
Rubicon

イタリア中部を東流し,アンコナ北西約 92km,リミニのすぐ北西でアドリア海に注ぐ小さな川。全長 24km。前 49年,内乱を起したカエサルが,当時ローマガリア境界線であったこの川を,法に反して兵に渡らせローマに進軍した。その故事から決定的一歩を踏出すことを意味する「ルビコンを渡る」という有名な言葉が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルビコン‐がわ〔‐がは〕【ルビコン川】

Rubicon》古代ローマ共和政時代に、属州ガリアとイタリアとの境をなした川。ラベンナ付近でアドリア海に注ぐフィウミチーノ川に比定される。前49年、ポンペイウスとの対決を決意したカエサルが「賽(さい)は投げられた」と叫び、元老院令を無視して渡河したという故事で知られ、重大な行動に出るたとえとして「ルビコンを渡る」と用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルビコン川
るびこんがわ
Rubicon

共和政期ローマにおいて、属州ガリア(ガリア・キサルピナ。「アルプスのこちらのガリア」の意)とイタリアの境界になっていた川。ラベンナとアリミヌムの間を流れ、アドリア海に注ぐ細流。どの流れをルビコン川に比定するか、古来諸説紛々としていたが、現在ではフィウミチーノ川がルビコン川にあたるとみられている。紀元前49年1月、カエサルが、メナンドロスの詩句の一部「賽(さい)は投げられた」(正確には「さいころは投げてしまおう」)と叫んで、乾坤一擲(けんこんいってき)、この国境の川を越える国法侵害のうえ、ポンペイウス一派との内乱に突入したことで有名である。[長谷川博隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルビコン川の関連キーワード「骰子は投げられた」ルビコンエステート賽は投げられたルビコーネ川チザルピノ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルビコン川の関連情報