コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビンステイン ルビンステイン Rubinstein, Artur

3件 の用語解説(ルビンステインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビンステイン
ルビンステイン
Rubinstein, Artur

[生]1886.1.28. ウッチ
[没]1982.12.20. ジュネーブ
ポーランド生れのアメリカピアニストベルリンピアノ,和声学などを学び,12歳でデビュー。のち,I.J.パデレフスキに学び,欧米各国で演奏活動を続け,1937年からアメリカに定住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルビンステイン

ポーランド出身の米国のピアノ奏者。ルービンシュタインともいう。両親はポーランド系ユダヤ人。ポーランドのウッチ(当時ロズ)に生まれ,幼時より楽才をあらわす。10歳でベルリンに赴き,ブルッフらに師事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルビンステイン【Artur Rubinstein】

1887‐1982
ポーランド出身のピアノ奏者。1946年アメリカの市民権を得,ニューヨークとパリを本拠に世界各地で精力的な演奏活動を続けた。20世紀を代表する名ピアノ奏者の一人で,とくにショパンを得意にしていたが,バッハから近代音楽まで,幅広いレパートリーの持主であった。典型的な神童で,1900年ヨアヒムの指揮でベルリンでモーツァルト協奏曲を弾いてデビュー,1906年初めて渡米し,早くも聴衆の熱烈な支持を得,以後,独奏者としての華麗な活動に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルビンステインの関連キーワードグランドピアノパデレフスキー譜捲りアフリカン・ピアノグルーヴィージュノム左手のためのピアノ協奏曲ポートレイト・イン・ジャズモシュコフスキペルルミュテール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone