コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリー散乱 レイリーさんらんRayleigh scattering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイリー散乱
レイリーさんらん
Rayleigh scattering

光の散乱の1つ。光の波長に比べて十分小さい微粒子によって起り,光の波長が変化しないものをいう。特に,散乱体が束縛されていない自由電子の場合にはトムソン散乱という。入射光の波長をλとすると,散乱光の強度は λ4 に逆比例する。多数の微粒子が不規則に散在するときのティンダル現象は,レイリー散乱によって説明される。また,空が青くみえるのもレイリー散乱によって説明できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レイリー‐さんらん【レイリー散乱】

光の波長より十分小さな微粒子による光の散乱をさす。散乱過程で、ほとんど波長は変化しない。英国の物理学者レイリーの名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

レイリー散乱【Rayleigh scattering】

波長に比べて十分小さい微粒子による光の散乱を表現する式.散乱体が振動数 ν0 の双極振動子で,ν≪ν0(ν は入射光の振動数)のときには,散乱光の強度 Is は次の式で与えられる.

ここで I0 は入射光の強度,Nme,は振動子の数,質量,電荷である.この式はよくレイリーの散乱法則*とも呼ばれる.なお ν≫ν0 の場合はトムソン散乱*である.

散乱体が波長に比べて十分小さな球(半径r)で N 個が存在しているとしたならば,入射光線に対して角度 θ で散乱される光の強度 Is(θ)は,散乱体から距離 d の点で

となる.V は球の体積,n は媒質に対する球の屈折率である.ティンダル効果*も,空の色の青もこのレイリー散乱に基づくものと考えられている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

レイリー散乱

 →光散乱

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

レイリー散乱の関連キーワードレイリーの法則(光学)ランダウ‐プラチェク比レイリーの散乱法則ランドスベルク分子スペクトルティンダル効果ブリュアン散乱ルミネセンスチンダル現象ラマン効果散乱の法則入射光線ミー散乱屈折率媒質水色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android