コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レトロウイルス retrovirus

翻訳|retrovirus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レトロウイルス
retrovirus

RNA (→リボ核酸 ) を遺伝子とする RNAウイルスの仲間で,RNAを鋳型にして DNA (→デオキシリボ核酸 ) を合成する酵素 (逆転写酵素) をもつウイルス群の総称逆転写酵素の働きにより,ウイルスの遺伝子である RNAが DNAに姿を変えて宿主細胞の染色体 DNAに組込まれる点が最大の特徴である。動物にを発生させる腫瘍ウイルスの多くがこのグループに属しており,成人T細胞白血病ウイルス HTLV-1はその代表例である。エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス HIVもレトロウイルスの1種だが,癌を発生させる性質はなく,ウマ伝染性貧血病ウイルスとともにレトロウイルス・レンチウイルス亜科に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レトロウイルス

エイズ成人T細胞白血病などを引き起こすウイルスの種類。レトロウイルスには,ウイルスの遺伝子であるRNAをもとにしてDNAをつくり増殖するという特徴がある。そもそも,人間や他の生物のもとになる設計図はDNAであり,それを伝えるのがRNAの役割の一つである(この働きをするRNAをメッセンジャーRNAという)。しかし,レトロウイルスはRNAの構造をDNAに転写(コピー)するという逆転写酵素をもつため,DNAを生成することが可能になる。 RNAがつくったレトロウイルスDNAは,宿主(自分が寄生している生物)の細胞のDNAに安定的に組み込まれ,それが効率よく転写されて,ウイルスは増殖する。 (がん)の原因となるレトロウイルスは,こうして宿主の細胞をウイルスの一部に変化させ,この過程で細胞の遺伝子が変化するために,癌細胞ができるのである。 レトロウイルスの研究によって,現在では,遺伝子の変化が癌化の主要な原因であるという概念が確立されている。→DNAワクチン多剤併用療法
→関連項目iPS細胞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

レトロウイルス【retrovirus】

遺伝物質として RNA をもち、感染細胞(宿主細胞)内で逆転写によって DNA を合成するウイルスの総称。肉腫ウイルス・白血病ウイルス・乳癌ウイルスなど。分子遺伝学や遺伝子工学に利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レトロウイルス
れとろういるす
retrovirus

生体に感染後、逆転写酵素を合成できるウイルスの総称。エイズウイルス(HIV)、成人T細胞白血病(ATL)の原因ウイルス(HTLV‐1)などが知られている。DNA(デオキシリボ核酸)を遺伝子にもつ人間などの生物は伝達役のRNA(リボ核酸)に情報を写す(転写)わけだが、RNAを遺伝子にもつこのウイルスは、感染後、逆転写酵素のはたらきでRNAからDNAをつくり、感染細胞のDNAのなかに潜り込むため、一度感染すると容易に離れない。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レトロウイルスの関連キーワードビショップ(John Michael Bishop)RNA依存性DNAポリメラーゼフランソワーズ バレシヌシヒトT細胞白血病ウイルスエマージングウイルスインテグラーゼ阻害剤セントラル・ドグマエイズ(AIDS)ウイルス癌遺伝子RNA ウイルスロバート ギャロ世界エイズデー白血病ウイルスインテグラーゼ乳癌ウイルスエイズ治療薬遺伝子工学癌ウイルスバレシヌシ分子遺伝学

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レトロウイルスの関連情報