レトロトランスポゾン

百科事典マイペディアの解説

レトロトランスポゾン

遺伝子DNAを抱えたまま,ある染色体から別の染色体へ遺伝子を転移させる働きを持つトランスポゾンのうち,自身はもとの場所から動かず,自分のコピーを転移する働きを持つもの。これまで下等動物では見つかっていたが,イネなどの植物にも普遍的に存在することが最近確認された。イネのレトロトランスポゾンは,傷ついたり病気になったりというストレスに反応し,活性化して自分のコピーである遺伝子を染色体の他の場所に転移させることでイネそのものの形質を変える。今後,植物の進化などに関する遺伝子機能の解析や品種改良のスピードアップへの応用が期待される。→遺伝子工学バイオテクノロジー突然変異

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android