コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レトロトランスポゾン

2件 の用語解説(レトロトランスポゾンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

レトロトランスポゾン

 真核生物の多くがもつ因子で,逆転写して転移する因子.末端に長い反復配列をもつ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レトロトランスポゾン

遺伝子DNAを抱えたまま,ある染色体から別の染色体へ遺伝子を転移させる働きを持つトランスポゾンのうち,自身はもとの場所から動かず,自分のコピーを転移する働きを持つもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

レトロトランスポゾンの関連キーワード遺伝子説染色体地図伴性遺伝複対立遺伝子遺伝子操作遺伝子座逆位作動遺伝子常染色体遺伝重複(遺伝子の)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レトロトランスポゾンの関連情報