コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビレート levirate

翻訳|levirate

大辞林 第三版の解説

レビレート【levirate】

夫の死後、夫の兄弟が寡婦の夫となる慣習。 → ソロレート

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レビレート

死亡した夫の代りにその兄弟が結婚する習慣。目的は,最初の婚姻で結ばれた両親族集団の紐帯を維持し続けようとすることにある。兄弟が未亡人権利義務を受け継ぐ場合も含めると,世界中に広くみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レビレート【levirate】

弟が亡兄の身代りとなってその妻を引き継ぐ慣習。狭義には,弟は亡兄の単なる代理にとどまる。この場合新たな結婚式をあげず,“死者と結婚している”ことになっている兄の妻と同棲し,生まれてくる子も亡兄の子として扱われる。これに類縁の形態として亡霊婚がある。これは未婚の死者の親族が死者の名義で結婚し,死者の後継ぎを得るもので,弟が亡兄の名義で結婚した場合には,レビレートの極端な形態とみなすこともできる。両者とも典型的な例はアフリカの父系社会に多くみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレビレートの言及

【兄弟∥姉妹】より

…さまざまな家族制度を兄弟姉妹関係を視点としてみれば,兄弟姉妹間の連帯をなんらかの形で強調もしくは尊重するものと,兄弟姉妹間の分離を促進し,そのかわりに親子関係や夫婦関係を強調もしくは尊重するものの二つに大別できる。 兄弟姉妹関係を強調する家族制度としてとくに注目されるのは大家族制(拡大型家族),同族組織,オナリ神信仰,均分相続制,レビレート婚(兄弟逆縁婚),ソロレート婚(姉妹逆縁婚)である。日本における大家族制の最も一般的な形態は兄弟姉妹のうち複数の男の兄弟が結婚後配偶者をともなって生家にとどまり(多子残留),同一の家族を形成するものであり,親子関係に加えて兄弟間の連帯が強調される家族といえる。…

【後家】より

…家族における後家の地位は,時代や家族形態によって多様であったが,夫の死後婚家を出て生家に帰ったり他家に婚出・分家することはまれであった。むしろ後家は夫の死後一時的に家長の後継者となったばかりでなく,レビレート婚によって夫の弟と結婚することによってひきつづき家長の妻の地位を確保する例が多くみられた。この意味において後家ということばには夫の死後,夫にかわって家を守るという役割が強調されている。…

【親族】より

…すなわち後夫は〈ジェニター〉のままにとどまることになる。この種の婚姻類型をレビレートと呼ぶ。 またヌエル族を含むアフリカのいくつかの社会では,社会的地位の高い老女が少女と〈結婚〉することがある。…

※「レビレート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レビレートの関連キーワードレビレート婚ソロレート婚兄弟逆縁婚兄弟∥姉妹ソロレートやもめ逆縁婚嫂婚再婚寡婦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android