コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レヘント regent

翻訳|regent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レヘント
regent

オランダ (ネーデルラント) 連邦共和国において,市,州,国の政治に参加した都市貴族。 17~18世紀のオランダは連邦制で,強力な中央政府や官僚制がなく,限られた都市貴族門閥から選出される市議会,州議会,連邦議会の議員が実質的に政治を独占していた。したがって,レヘントは共和国時代のオランダ政治における大商人支配を最もよく示す言葉である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レヘント【regent】

オランダ共和国における都市統治者,すなわち各都市の市長および市参事会員で,その多くは富裕な商人層の出身者によって占められた。元来,自治都市を統治する市参事会員は選挙によって選ばれた富裕な上層市民であったが,共和国時代の多くの都市において市参事会員は終身制となり,そのうえ欠員は参事会員の互選によって補充されたので,市参事会員は少数の有力門閥出身によって占められるようになった。これらの門閥は,17世紀オランダの海運,貿易の隆昌によって財産を築いた,アムステルダムを先頭とする商業都市の大商人,海運業者,金融業者などで,豪邸に住み,荘園を購入し,都市貴族としての富と威信を備え,またオランダ文化の黄金時代を築いた階層であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android