コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー化学 レーザーかがく laser chemistry

1件 の用語解説(レーザー化学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レーザーかがく【レーザー化学 laser chemistry】

通常はレーザーを応用した化学の分野をさすが,化学レーザーを生ずる化学反応の研究分野をもさすことがある。レーザーには,単色性,指向性,大強度,コヒーレンス,時間的に短い超短パルスを発生させることができるなどの特徴があり,これらを組み合わせて,レーザーによる物質や分子の励起によって誘起された化学反応を応用して,同位体分離超LSI製造のための超微細加工,有機化合物の合成などに応用されようとしている。
レーザー光化学反応
 1個の光量子を吸収して起こる光化学の諸過程は,通常の光源(タングステンランプ,ハロゲンランプ,気体放電や共鳴ランプなど)によっても起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レーザー化学の関連キーワードイオンレーザー応用化学ルビーレーザーレーザー通信レーザーメスレーザー加工化学レーザーレーザー濃縮法レーザービームレーザーレーダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーザー化学の関連情報