ロイヒリン(英語表記)Reuchlin, Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ロイヒリン」の解説

ロイヒリン
Reuchlin, Johannes

[生]1455.2.22. プフォルツハイム
[]1522.6.6. バートリーベンツェル
ドイツの代表的な人文学者,法律学者,詩人,古典語学者。 P.メランヒトンの大父。古典語,特にギリシア語に精通し,バーゼル大学では古典ラテン語で講義を行なった。のちウュルテンベルクのエベルハルト伯に仕え,イタリアにおもむき,そこでカバラに傾倒し,ヘブライ語を学んだ。 1506年『ヘブライ語初歩』 De Redimentis Hebraicisを著わしたが,これは旧約聖書原典にさかのぼって研究するうえで画期的な労作となった。ユダヤ教からの改宗者 J.プフェフェルコルンがヘブライ語の焚書をはかったのに反対したため,プフェフェルコルンを支持するケルンのドミニコ会士と衝突,論争,やがて教皇によりロイヒリンの著書は断罪を受けた。宗教改革者たちは彼の側に立ったが,彼自身はルターを支持せず,メランヒトンをルターから離そうとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ロイヒリン」の解説

ロイヒリン
ろいひりん
Johannes Reuchlin
(1455―1522)

ドイツの人文主義者、古典学者、法律家、詩人、とくにヘブライ語学者。メランヒトンの大伯父。フライブルク、パリ、バーゼルで学び、ギリシア・ラテン的な人文主義的関心を深めた。法律家としてイタリアに赴き、フィチーノ、ピコと友情を結ぶ。そこでユダヤ教への興味を喚起され、カバラ(ユダヤ教の聖書の神秘的解釈法)に傾倒、ヘブライ語を研究、その文法・辞典を著した。これは旧約聖書学にとって画期的基礎づけとなった。また人文主義の視界をヘブライ語の世界にまで広げるものであった。当時の焚書(ふんしょ)にまで及ぶ極端な反ユダヤ運動に激しく反対し、ローマ教皇にも批判的であったが、ルターの宗教改革は支持しなかった。晩年、インゴールシュタット大学、チュービンゲン大学のギリシア語・ヘブライ語教授を歴任。

[常葉謙二 2018年8月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ロイヒリン」の解説

ロイヒリン
Johann Reuchlin

1455〜1522
ドイツの人文主義者
ギリシア語・ラテン語,さらにヘブライ語を研究し,ドイツ人文主義の基礎を築いた。画期的なヘブライ語文法と辞典をかねた『ヘブライ語入門』を著し,正統派のキリスト教学者との間に激しい論争をひき起こしたが,人文主義者たちに支持された。反対者に対して『蒙昧 (もうまい) 人の手紙』を発表。ルターの改革に対しては反対の立場をとった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「ロイヒリン」の解説

ロイヒリン

ドイツの人文主義者,ヘブライ語学者。メランヒトンの大伯父。M.フィチーノ,ピコ・デラ・ミランドラと親交,北方におけるルネサンス新プラトン主義の代表者となった。ヘブライ語およびカバラ研究の先駆者でもある。著書《カバラの術について》(1517年)ほか。
→関連項目人文主義フッテン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ロイヒリン」の解説

ロイヒリン

(Johann Reuchlin ヨハン━) ドイツの哲学者、人文主義者。ギリシア語・ラテン語に通じ、ドイツ最初のラテン語辞書を編纂。ヘブライ語による旧約聖書研究でも知られる。のちユダヤ人保護問題をめぐりカトリックの教会当局と論争。(一四五五‐一五二二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ロイヒリン」の解説

ロイヒリン【Johannes Reuchlin】

1455‐1522
ドイツの人文主義者,ヘブライ語学者。人文主義者,宗教改革者メランヒトンの大伯父にあたる。フライブルク,パリ,バーゼルで学んで人文主義に関心をもつようになり,その影響はオルレアン,ポアティエでの法学研究によって深められ,ビュルテンベルク伯エーベルハルトに同行したイタリア旅行(1482)で決定的となった。この伯に仕えて政治生活に入るが,同時にイタリアの人文主義者たちの感化により,アルプス以北の新プラトン主義の代表者となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロイヒリンの言及

【オカルティズム】より

…フィレンツェではフィチーノがプラトンや新プラトン主義者たちの著作の翻訳を通じて,その弟子ピコ・デラ・ミランドラがヘブライ語=カバラ研究を通じて,それぞれ古代の隠された知をよみがえらせ,ルネサンス芸術の理論的支柱を提供した。北方ではピコの盟友ロイヒリンやトリテミウスの後をうけて,ネッテスハイムのアグリッパが,中世を通じてスコラ学的に形骸化され,わずかに悪魔学や天使学に退化した姿をとどめるのみだったオカルティズム理論を,錬金術や占星術のような自然界に依存する分野にはじめて適用した(《隠秘哲学》1531)。これ以後パラケルススが医学,錬金術,薬草学のような自然学の基盤の上に秘密の知を展開して,近代オカルティズム成立へと大きく転回せしめた。…

【無名人の手紙】より

…作者は匿名であるが,だいたいエルフルト大学の学徒クロトゥス・ルビアヌスCrotus Rubianus(本名イェーガーJohannes Jäger,1480ころ‐1545ころ)やフッテンらと考えられる。その機縁をなしたのは,改宗ユダヤ人フェッファーコルンJohannes Pfefferkorn(1469‐1522か23)のユダヤ教徒迫害と,これに対抗して学問的な見地からユダヤ教学の保全と古文書研究をまもろうとした人文主義者ロイヒリンとの抗争であった。フェッファーコルンは皇帝マクシミリアンの助けを仰ぎ,また自分の入信したドミニコ会の強い支持と,ケルン大学神学部を主とするがんこな神学者たちの支持を得,しばしば強行手段に訴えてユダヤ書の破棄や没収を企て,これをはばもうとするロイヒリンを迫害し,ついにはローマ教皇庁に訴えた。…

※「ロイヒリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android