コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックガーデン ロックガーデンrock garden

翻訳|rock garden

5件 の用語解説(ロックガーデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックガーデン
ロックガーデン
rock garden

高山植物園。ヨーロッパではアルペンガーデンともいう。自然石で築山を造り,高山地方の岩根植物を配植した庭園で,19世紀のイギリスで流行した。ロンドンのキューガーデンにその代表作がある (1910) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ロックガーデン

広義には岩を配した花壇の総称であるが,一般的には岩石を積み上げた高山植物園(ロッケリーとも)のことをさす。日本ではヨーロッパの庭園様式が流行した明治の中期ころに始まり,アルペンガーデンともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロックガーデン【rock garden】

岩石を積み上げ組み合わせて,そこに高山の状態に似た岩石まじりの土壌の少ない場所をつくり,植物を配植した観賞用庭園または花壇の一様式。もともとヨーロッパに生まれ,高山植物や特殊な植物を植えるためにくふうされたもので,17世紀ごろイギリスでつくられたといわれる。最初は高山植物園alpine gardenとして使われ,ロッケリーrockeryとも称され,岩石園,岩組園などの和訳がある。通常,小高い築山を設けることを考え,平たん地では地表を掘り込んでその土を積み上げ,傾斜地ではそれを適当に利用し,大小の岩石を配する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロックガーデン【rock garden】

石と粗い砂を配した庭。特に、多湿を嫌う高山植物やサボテン、山野草などの植物を栽培するのに適する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロックガーデンの関連情報