コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックガーデン rock garden

翻訳|rock garden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックガーデン
rock garden

高山植物園ヨーロッパではアルペン・ガーデンともいう。自然石で築山を造り,高山地方の岩根植物を配植した庭園で,19世紀のイギリスで流行した。ロンドンのキューガーデンにその代表作がある (1910) 。日本でも東京都の御岳山 (みたけさん) などに設けられ,登山者を楽しませている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロック‐ガーデン(rock garden)

高山植物や苔などを岩組みの間に配した観賞庭園。また、石庭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロックガーデン

広義には岩を配した花壇の総称であるが,一般的には岩石を積み上げた高山植物園(ロッケリーとも)のことをさす。日本ではヨーロッパの庭園様式が流行した明治の中期ころに始まり,アルペンガーデンともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロックガーデン【rock garden】

岩石を積み上げ組み合わせて,そこに高山の状態に似た岩石まじりの土壌の少ない場所をつくり,植物を配植した観賞用庭園または花壇の一様式。もともとヨーロッパに生まれ,高山植物や特殊な植物を植えるためにくふうされたもので,17世紀ごろイギリスでつくられたといわれる。最初は高山植物園alpine gardenとして使われ,ロッケリーrockeryとも称され,岩石園,岩組園などの和訳がある。通常,小高い築山を設けることを考え,平たん地では地表を掘り込んでその土を積み上げ,傾斜地ではそれを適当に利用し,大小の岩石を配する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロックガーデン【rock garden】

石と粗い砂を配した庭。特に、多湿を嫌う高山植物やサボテン、山野草などの植物を栽培するのに適する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ロックガーデンの関連キーワードミヤマホタルカズラ(深山蛍蔓)オトメギキョウ(乙女桔梗)岐阜県加茂郡七宗町中麻生オーストラリア国立植物園白山ろくテーマパークふれあいらんど岩泉ウィズリーガーデンブルークローバーオーブリエチアスノードロップホウストニアプシュキニアオーブレチアドデカテオンエロジュームチリーアヤメケラスチウムユキワリソウハンニチバナ兵庫県芦屋市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android