コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッソ・フィオレンティーノ ロッソ・フィオレンティーノRosso Fiorentino

2件 の用語解説(ロッソ・フィオレンティーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッソ・フィオレンティーノ
Rosso Fiorentino

[生]1494.3.8. イタリアフィレンツェ
[没]1540.11.14. フランス,フォンテンブロー
イタリアのフィレンツェ派の画家兼装飾家。本名 Giovanni Battista di Jacopo。アンドレア・デル・サルトに学んだとされ,同門のヤコポ・ダ・ポントルモや,またミケランジェロからも影響を受けた。ポントルモとともに,フィレンツェ派の初期マニエリスムの画風を代表する一人。1510年頃からアルブレヒト・デューラーの影響も加えて反古典主義的様式をみせはじめ,1518年のサンタ・マリア・ヌオーバ病院の『聖母子と四聖人』(ウフィツィ美術館)や 1521年のボルテラ大聖堂の『キリスト降架』(ボルテラ市立美術館)で,個性的なマニエリスムの画風を確立した。1524年頃~1527年はローマに滞在。1530年にフランスフランソア1世の招きでフォンテンブロー宮の装飾に従事。没するまで同宮殿の造営とフォンテンブロー派の指導に尽力し,同派の代表者の一人となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロッソ・フィオレンティーノ
ろっそふぃおれんてぃーの
Il Rosso Fiorentino
(1494―1540)

イタリアの画家。本名Giovanni Battista di Jacopo。フィレンツェに生まれ、サルトの工房を経て、1517年独立。同門のポントルモとともに、フィレンツェ初期マニエリスムの代表的画家となる。18年のサンタ・マリア・ヌオーバ病院の祭壇画『聖母子と四聖人』(ウフィツィ美術館)と21年のボルテッラ大聖堂のための『十字架降下』(ボルテッラ絵画館)において、当時フィレンツェを支配していた静謐(せいひつ)な盛期ルネサンス様式に対抗し、動勢著しい、新奇で個性的な画風を確立した。24~27年ローマ滞在中、ミケランジェロの影響を受ける。30年ベネチアを経てフランスに赴き、32年以降フォンテンブローのフランソア1世の宮廷画家として、プリマティッチョとともに、『ポモナ』(1532~35)および大画廊の装飾(1534~37)に従事。同地で客死したが、同宮殿の装飾に携わったフォンテンブロー派の指導・育成を通じ、マニエリスム様式のイタリア国外、すなわちフランスやフォンテンブロー様式の影響を受けた北方への普及に大きな役割を果たした。[三好 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロッソ・フィオレンティーノの関連キーワード上杉定正足利義澄ザックススレイマン一世フランソワポントルモメムリンク安堅イタリア戦争燕山君

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone