ロレンソ(英語表記)Lourenço

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ロレンソ Lourenço

1526-1592* 戦国-織豊時代のキリシタン。
大永(たいえい)6年生まれ。もと琵琶(びわ)法師。山口でザビエルにより受洗,日本人初のイエズス会イルマン(修道士)となる。ビレラらの布教をたすけ,清原枝賢,結城忠正,高山右近らを改宗させた。永禄(えいろく)12年(1569)フロイスとともに織田信長にあい,朝山日乗と宗論をおこなった。天正(てんしょう)19年12月20日死去。66歳。肥前杵島(きしま)郡(佐賀県)出身。本名は不詳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ロレンソ

没年:天正19.12.20(1592.2.3)
生年:大永6(1526)
イエズス会日本人修道士。肥前白石(長崎県。平戸の白石か)出身。盲目の琵琶法師で,天文20(1551)年山口でザビエルから受洗して,永禄4(1561)年日本人最初のイルマン(修道士)となった。初期日本キリシタン史における最大の邦人功労者のひとりに数えられる。ヴィレラ,アルメイダ,フロイス,オルガンティノらのイエズス会宣教師の布教活動を助け,その足跡は四国を除き西日本各地におよんでいる。足利義輝,織田信長,豊臣秀吉ら時の権力者とも接触し,高山右近らの改宗にも尽力した。永禄11年には信長の前で,キリシタン排撃を堅持する日乗と宗論を行った。長崎にて没す。<参考文献>ディエゴ・パチェコ『九州キリシタン史研究』

(宮崎賢太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロレンソ【Lourenço】

1526‐92(大永6‐天正19)
安土桃山時代のキリシタン。肥前白石に生まれ,片目の琵琶法師であったが,山口でフランシスコ・ザビエルに会って受洗し,最初の日本人イエズス会イルマンとなり,山口,豊後,京都,畿内と九州の各地で活動した。将軍足利義輝と義昭,織田信長,豊臣秀吉に謁し,とくに結城山城守,高山飛驒守と子の右近,京極高吉夫妻,池田丹後守ら京畿地方の有力大名に授洗するなど,同地の教会の基礎を築き,長崎で没した。【井手 勝美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロレンソ
ろれんそ
Lourenço
(1526/1527―1592)

日本人イエズス会宣教師。ロレンソは洗礼名で、本名は不明。肥前(ひぜん)白石(現、佐賀県杵島郡(きしまぐん)白石町)に生まれる。盲目の琵琶(びわ)法師であったが、1551年(天文20)山口においてフランシスコ・ザビエルより洗礼を受け、同宿(どうじゅく)(宣教師と共住して身の回りの世話をし、伝道活動を助ける)としてイエズス会のために働いた。1563年(永禄6)日本人として初めてイエズス会入会を許された。学問はなかったが、話術が巧みで人をひきつける力をもっていた。京都地方を中心に宣教活動に従事し、高山右近(たかやまうこん)父子、小西行長(こにしゆきなが)父子をはじめとする大名をキリシタンに改宗させることにかかわり、初期キリシタン布教史に大きな足跡を残した。イエズス会にあること29年、受洗より40年の生涯をキリシタン布教に捧(ささ)げ、1592年(天正(てんしょう)20)2月3日長崎のトードス・オス・サントス教会で65歳の生涯を閉じた。

[宮崎賢太郎 2018年3月19日]

『ディエゴ・パチェコ著『キリシタン文化研究シリーズ16 九州キリシタン史研究』(1977・キリシタン文化研究会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ロレンソ

(Lourenço) 日本人最初のイエズス会宣教師。日本名未詳。肥前(佐賀県)の人。盲目の琵琶法師だったが、天文二〇年(一五五一)ザビエルより洗礼を受け伝道活動を行なう。高山右近、小西行長らを改宗させた。大永六~天正二〇年(一五二六‐九二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android