コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマの平和 ローマのへいわ

4件 の用語解説(ローマの平和の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ローマの平和【ローマのへいわ】

ラテン語Pax Romanaの訳。ローマ帝政初期,前1世紀末のアウグストゥスの治世以降ほぼ2世紀末のマルクス・アウレリウス(五賢帝の一人)に至る2世紀間をさす。
→関連項目元首政五賢帝覇権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローマのへいわ【ローマの平和 Pax Romana[ラテン]】

ローマ時代に樹立された地中海世界の平和を〈パクスローマーナ〉,すなわち〈ローマの平和〉と呼ぶ。パクスとは平和を意味するギリシア語エイレネeirēnēのラテン語訳で,それを擬人化した女神エイレネは遅くも前4世紀前半にはアテナイで祭祀を受けていた。ローマではアウグストゥスの時代に初めて礼拝されるようになる。前10年のアウグストゥスによるパクス祭祀の導入が最初であったが,前44年以来貨幣面にもパクスは刻まれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマの平和
ローマのへいわ

パックス・ロマーナ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマの平和
ろーまのへいわ
Pax Romanaラテン語

地中海世界の覇者となった古代ローマの支配下に保たれた平和の時代およびその状態。パックス・ロマーナともいう。時代的には、広くアウグストゥスの天下平定以降、紀元後1~2世紀をさし、狭くは五賢帝の時代をさす。対外戦争がかならずしも行われなくなったわけではないが、商業、貿易は栄え、均質の文化が支配領域にも広がり、首都ローマの住民も、属州民も太平を謳歌(おうか)できた。ローマの「支配」(インペリウムimperium)の下にある地域に、「自由」と「平和」が保障されたといわれるが、それはあくまでも支配者ローマの立場にたったとらえ方で、現実には被支配地域、被支配者の制圧、搾取のうえに成り立つ平和にすぎず、地域、階層に関しての経済的、社会的な矛盾、対立は消えることなく、平和もけっして永続しなかった。なお、女神パックスの崇拝はアウグストゥスによって紀元前10年に行われ、「アウグストゥスの平和の祭壇」の奉献は前9年に行われている。現在、パックス・ロマーナになぞらえて、パックス・ブリタニカなどと使われる。[長谷川博隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のローマの平和の言及

【アントニヌス朝】より

…ピウス帝は先帝ネルウァ,トラヤヌス,ハドリアヌスの例にならってマルクスを養子に迎え帝位を継承させたが,マルクス帝は実子コンモドゥスを後継者に指名した。この時期には,いわゆる〈パクス・ローマーナ(ローマの平和)〉時代の最大領域を維持するために,財政・軍務への圧迫が強まり,帝国行政の諸問題が徐々に露呈してきた。【本村 凌二】。…

【五賢帝】より

…以後,皇帝は最善の人が統治者たるべきであるとするストア哲学の考えに従って後継者を選び,その者を養子とした。トラヤヌス,ハドリアヌス,アントニヌス・ピウス,マルクス・アウレリウスと続く治世には,元老院との協調を旨とし属州行政も整備されて,〈パクス・ローマーナ(ローマの平和)〉と呼ばれる繁栄期が訪れた。啓蒙主義時代の歴史家ギボンは,五賢帝の時代を人類史上最も幸福なる時代と語っているが,近年の歴史研究の教えるところでは,肥大化する官僚・軍事機構の財政的負担が,地方都市の有産者層の財力によってかろうじて支えられることのできた時期であり,しだいに政治,経済,社会の諸問題が顕在化してきた時代と言える。…

【平和】より

…いいかえれば,それは文化の中心部にとっての平和であり,周辺部にとっては別の意味をもつ。アントニヌス治下に絶頂期を迎えたローマ帝国におけるパクス・ローマーナ(ローマの平和)とは,帝国の中心部にとっての内部秩序と統一であり,帝国内部の〈戦争の不在〉にすぎず,帝国内外の周辺部(奴隷やバルバロイ)にとっては正義も繁栄も意味せず,略奪,破壊,残虐行為をともなういわば搾取的なシステムであった。ローマに征服されたあとのブリタニア島の住民の皆殺しに関して述べられた,〈彼らは無人の地をつくり,これを平和と呼ぶ〉という言葉は象徴的であろう。…

※「ローマの平和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローマの平和の関連キーワード地中海世界祈念切願切望熱望パクスローマーナカイザリヤ弓削達ラウリオンタラゴーナの遺跡群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローマの平和の関連情報