コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレサ ワレサ Wałęsa, Lech

4件 の用語解説(ワレサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレサ
ワレサ
Wałęsa, Lech

[生]1943.9.29. ポポボ
ポーランド労働運動家,独立自主管理労働組合「連帯」の初代委員長。職業訓練学校卒業後,1967年グダニスクレーニン造船所の電気工となる。 70年に食糧暴動の悲劇を目撃し,76年のレーニン造船所に対する新しい抗議活動が勃発したときには,スト委員会の一員として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワレサ(Lech Wałęsa)

[1943~ ]ポーランドの労働運動指導者・政治家。1980年、全国的な自主労組「連帯」を組織して議長となり、政府の弾圧に抵抗。共産主義政権崩壊後の1990年、大統領に選出。1983年ノーベル平和賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワレサ

ポーランドの労働運動指導者,政治家。正しくはワウェンサ。職業学校を卒業し,グダンスクのレーニン造船所の電気工となる。1970年,1976年の〈食糧スト〉に参加。(1943-)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワレサ
われさ
Lech Wasa
(1943― )

ポーランドの政治家。原語に近い表記はワウェンサ。中西部のクヤフスコ・ポモジェ県ポポウ生まれ。職業学校を卒業し、1967年グダニスクのレーニン造船所電気工となる。1970年の食糧品値上げ反対ストの際に同造船所のスト委員会議長となり、グダニスク暴動に参加したが政府の圧力に挫折(ざせつ)。1976年ストに参加して解雇される。1978年バルト海沿岸自由労組に参加し、1980年レーニン造船所のストを指導、早口な語り口、決断の速さと行動力とでカリスマ的な人気を獲得した。同年8月全国ストを指導し、自主労組「連帯」の結成、スト権の承認、言論の自由などグダニスク21項目の政労合意を勝ち取った。同年9月「連帯」の議長に選出された。1981年(昭和56)5月総評の招きで来日。同年12月の戒厳令により拘留され、1982年11月に釈放された。1983年ノーベル平和賞を受賞。1989年限定的な自由選挙で「連帯」が圧勝し、「連帯」内閣を誕生させ、1990年大統領選挙に挑戦して当選、初代大統領に就任した。1995年の大統領選では社会民主党党首クワシニエフスキに敗れた。1998年9月、キリスト教民主党党首に就任。2000年10月の大統領選でも落選。熱心なカトリック信者。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワレサの関連キーワードセイヨウタンポポトロポポーズグランポポたんぽぽ娘ポポラマーマポポルぽぽぽぽぽシカポボ

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワレサの関連情報