コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレサ Wałęsa, Lech

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレサ
Wałęsa, Lech

[生]1943.9.29. ポポボ
ポーランドの労働運動家,独立自主管理労働組合「連帯」の初代委員長。職業訓練学校卒業後,1967年グダニスクのレーニン造船所の電気工となる。 70年に食糧暴動の悲劇を目撃し,76年のレーニン造船所に対する新しい抗議活動が勃発したときには,スト委員会の一員として活躍した。 78年結成のバルト海沿岸自由労組に参加し,80年には物価値上に端を発した造船所の争議を指導して,歴史的な「グダニスク合意」をかちとり,全国的規模の自主管理労組「連帯」の委員長となった。 81年 10月,全国大会で再選されたが,12月ポーランド政府の戒厳令により,82年 11月まで身柄を拘束された。 83年 12月ノーベル平和賞を受賞。 88~89年の政府と「連帯」との「円卓会議」実現に尽力し,「連帯」合法化後の 89年ポーランド初の自由選挙で「連帯」を勝利に導いた。非共産主義政権発足後 90年大統領に就任し,95年までつとめた。主著に自伝『希望の道』 Un chemin déspoir (1987) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワレサ(Lech Wałęsa)

[1943~ ]ポーランドの労働運動指導者・政治家。1980年、全国的な自主労組「連帯」を組織して議長となり、政府の弾圧抵抗。共産主義政権崩壊後の1990年、大統領に選出。1983年ノーベル平和賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワレサ

ポーランドの労働運動指導者,政治家。正しくはワウェンサ。職業学校を卒業し,グダンスクのレーニン造船所の電気工となる。1970年,1976年の〈食糧スト〉に参加。
→関連項目ポーランドポーランド統一労働者党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワレサ
われさ
Lech Wasa
(1943― )

ポーランドの政治家。原語に近い表記はワウェンサ。中西部のクヤフスコ・ポモジェ県ポポウ生まれ。職業学校を卒業し、1967年グダニスクのレーニン造船所電気工となる。1970年の食糧品値上げ反対ストの際に同造船所のスト委員会議長となり、グダニスク暴動に参加したが政府の圧力に挫折(ざせつ)。1976年ストに参加して解雇される。1978年バルト海沿岸自由労組に参加し、1980年レーニン造船所のストを指導、早口な語り口、決断の速さと行動力とでカリスマ的な人気を獲得した。同年8月全国ストを指導し、自主労組「連帯」の結成、スト権の承認、言論の自由などグダニスク21項目の政労合意を勝ち取った。同年9月「連帯」の議長に選出された。1981年(昭和56)5月総評の招きで来日。同年12月の戒厳令により拘留され、1982年11月に釈放された。1983年ノーベル平和賞を受賞。1989年限定的な自由選挙で「連帯」が圧勝し、「連帯」内閣を誕生させ、1990年大統領選挙に挑戦して当選、初代大統領に就任した。1995年の大統領選では社会民主党党首クワシニエフスキに敗れた。1998年9月、キリスト教民主党党首に就任。2000年10月の大統領選でも落選。熱心なカトリック信者。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワレサの関連キーワードアレクサンデル クワシニエフスキレシェク バルツェロヴィッチ民主左翼連合[ポーランド]アンドレス パストラナ東欧諸国の体制転換アンジェイ ワイダクワシニエフスキグダニスク造船所マゾウィエツキ東欧史(年表)ポーランド史レフ ワレサヤルゼルスキカチンスキ9月29日

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワレサの関連情報