コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ツ橋 ひとツばし

4件 の用語解説(一ツ橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一ツ橋
ひとツばし

東京都千代田区北部の地区。江戸時代御三卿の1つ,一橋家の屋敷があった。また,関東大震災前までは,一橋大学の前身,東京商科大学もこの地にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひとつばし【一ツ橋】[地名]

東京都千代田区中北部の地名。ビジネス街。徳川家康入府のころ、外堀(日本橋川)に1本の丸木橋が架けられたところからの名。徳川三卿の一、一橋家の邸があった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕一ツ橋(ひとつばし)


東京都千代田区神田(かんだ)の一地区。
皇居の北側にあたり、御三卿(ごさんきょう)の一つ、一橋家のあったところ。一橋大学の発祥の地でもある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ツ橋
ひとつばし

東京都千代田区北東部の地区。現在、首都高速道路が通る外濠(そとぼり)に、徳川家康入府時、丸木の一本橋が架けられたのが名の由来。8代将軍吉宗(よしむね)のとき、その子宗尹(むねただ)の屋敷が橋畔につくられ一橋家を名のった。1862年(文久2)蕃書調所(ばんしょしらべしょ)がこの地に移転(同年洋書調所と改称)、のちの東京大学の基礎をつくった。現在、毎日新聞社、共立女子大学、住友ビル、小学館などがあり、大手町に接するビジネス街として、高層ビル化の波が押し寄せている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一ツ橋の関連キーワード東京都千代田区一番町東京都千代田区九段北東京都千代田区九段南東京都千代田区麹町東京都千代田区三番町東京都千代田区千代田東京都千代田区隼町東京都千代田区富士見東京都千代田区三崎町東京都千代田区四番町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一ツ橋の関連情報