コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ツ橋 ひとツばし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一ツ橋
ひとツばし

東京都千代田区北部の地区。江戸時代御三卿の1つ,一橋家の屋敷があった。また,関東大震災前までは,一橋大学前身東京商科大学もこの地にあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひとつばし【一ツ橋】[地名]

東京都千代田区中北部の地名。ビジネス街。徳川家康入府のころ、外堀(日本橋川)に1本の丸木橋が架けられたところからの名。徳川三卿の一、一橋家の邸があった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕一ツ橋(ひとつばし)


東京都千代田区神田(かんだ)の一地区。
皇居の北側にあたり、御三卿(ごさんきょう)の一つ、一橋家のあったところ。一橋大学の発祥の地でもある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ツ橋
ひとつばし

東京都千代田区北東部の地区。現在、首都高速道路が通る外濠(そとぼり)に、徳川家康入府時、丸木の一本橋が架けられたのが名の由来。8代将軍吉宗(よしむね)のとき、その子宗尹(むねただ)の屋敷が橋畔につくられ一橋家を名のった。1862年(文久2)蕃書調所(ばんしょしらべしょ)がこの地に移転(同年洋書調所と改称)、のちの東京大学の基礎をつくった。現在、毎日新聞社、共立女子大学、住友ビル、小学館などがあり、大手町に接するビジネス街として、高層ビル化の波が押し寄せている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一ツ橋の関連キーワード三遊亭 歌奴(3代目)全国高等学校体育連盟毎日ビルディング国立情報学研究所日本大昭和板紙エムジーリースストレーンジ国民教育運動有斐閣(株)共立女子大学浜口 富士子小学館[株]ソフトテニス音羽/一ツ橋永松 勝海庄 幸司郎永井 龍男国立(市)日本道徳論工藤 光園

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一ツ橋の関連情報