一瀉千里(読み)イッシャセンリ

デジタル大辞泉の解説

いっしゃ‐せんり【一×瀉千里】

《川の水が一度流れだすと、またたく間に千里も流れる意から》
物事が速やかにはかどり進むこと。「仕事を一瀉千里に片付ける」
文章や弁舌のよどみないことのたとえ。「一瀉千里に物語る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしゃせんり【一瀉千里】

〔陳亮「与辛幼安殿撰」より。川の水が一度勢いよく流れ出すと千里も流れる意〕
物事が一気に進むこと。 「 -にことを運ぶ」
文章や弁舌が明快でよどみのないこと。 「 -にまくし立てる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一瀉千里
いっしゃせんり

物事の進行の早いことや、文章や弁舌が鋭く明快でよどみのないことのたとえ。「」は水が下へ流れ注ぐ意で、川の水が勢いよく、一気に千里の遠くまでも流れ下っていくさまをいう。『福恵(ふくけい)全書』巻29に、「儼然(げんぜん)たる峡裡(きょうり)の軽舟(けいしゅう)、片刻一瀉にして千里」とある。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一瀉千里の関連情報