コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一瀉千里 イッシャセンリ

3件 の用語解説(一瀉千里の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっしゃ‐せんり【一×瀉千里】

《川の水が一度流れだすと、またたく間に千里も流れる意から》
物事が速やかにはかどり進むこと。「仕事を一瀉千里に片付ける」
文章や弁舌のよどみないことのたとえ。「一瀉千里に物語る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いっしゃせんり【一瀉千里】

〔陳亮「与辛幼安殿撰」より。川の水が一度勢いよく流れ出すと千里も流れる意〕
物事が一気に進むこと。 「 -にことを運ぶ」
文章や弁舌が明快でよどみのないこと。 「 -にまくし立てる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一瀉千里
いっしゃせんり

物事の進行の早いことや、文章や弁舌が鋭く明快でよどみのないことのたとえ。「瀉」は水が下へ流れ注ぐ意で、川の水が勢いよく、一気に千里の遠くまでも流れ下っていくさまをいう。『福恵(ふくけい)全書』巻29に、「儼然(げんぜん)たる峡裡(きょうり)の軽舟(けいしゅう)、片刻一瀉にして千里」とある。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一瀉千里の関連キーワード売れ出す涸れ谷環流流れ出す瞬く間見る間に行く川のユレダス流れ弾瞬く内

一瀉千里の関連情報