コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微視的 びしてき microscopic

翻訳|microscopic

4件 の用語解説(微視的の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微視的
びしてき
microscopic

本来は肉眼で見えない微小な物や事柄を形容する言葉。ミクロまたはミクロスコピックともいう。顕微鏡見られる大きさの物を対象とすることもあるが,通常は物質の構成要素の分子,原子,原子核素粒子などを意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

びし‐てき【微視的】

[形動]
人間の視覚で識別できないほど微細であるさま。顕微鏡的。「微視的な世界」⇔巨視的
物事を微細に観察するさま。「微視的にとらえる」⇔巨視的

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

微視的

対象物質が肉眼で観察できず,顕微鏡的には観察できる場合に用いられる.巨視的macroscopic)に対比されるものである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

びしてき【微視的】

( 形動 ) 〔microscopic〕
人間の感覚で識別できないほど現象が微細であるさま。 「 -な世界」
現象を全体としてでなく、個々別々に微細なところまでとらえようとする態度。ミクロ的。 「問題を-にとらえて論ずる」
無数の分子(原子)の集合体である物理系を、構成要素である個々の分子の行動に注目して記述する立場。
▽↔ 巨視的

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の微視的の言及

【ミクロ】より

…〈小さい〉ことを意味するギリシア語に由来する。ここでは英語のmicroscopic(微視的)の省略形として,かつ自然科学の文脈に限って理解することにする。ミクロな視点の取り方は,状況によって多様に変化する。…

※「微視的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

微視的の関連キーワード巨視的視覚精神盲不可抗物質的エデルジェネアスファネロバイオライトマッド・ポリゴン潜晶質リモートビューイング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

微視的の関連情報