コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微視的 びしてきmicroscopic

翻訳|microscopic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微視的
びしてき
microscopic

本来は肉眼で見えない微小な物や事柄を形容する言葉。ミクロまたはミクロスコピックともいう。顕微鏡で見られる大きさの物を対象とすることもあるが,通常は物質の構成要素の分子原子原子核素粒子などを意味する。これに対し,巨視的という言葉があり,本来は肉眼で見える大きさの物や事柄を形容するが,分子,原子などの多数の集合体に対して用いられている。巨視的な対象が古典力学で記述されるのに対し,微視的な対象はしばしば量子力学的取扱いを要する。さらに拡張した意味で,1つの体系についてそれを構成する個々の要素あるいはその挙動をいうときにも微視的という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

びし‐てき【微視的】

[形動]
人間の視覚で識別できないほど微細であるさま。顕微鏡的。「微視的な世界」⇔巨視的
物事を微細に観察するさま。「微視的にとらえる」⇔巨視的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

微視的

対象物質が肉眼で観察できず,顕微鏡的には観察できる場合に用いられる.巨視的(macroscopic)に対比されるものである.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

びしてき【微視的】

( 形動 ) 〔microscopic〕
人間の感覚で識別できないほど現象が微細であるさま。 「 -な世界」
現象を全体としてでなく、個々別々に微細なところまでとらえようとする態度。ミクロ的。 「問題を-にとらえて論ずる」
無数の分子(原子)の集合体である物理系を、構成要素である個々の分子の行動に注目して記述する立場。
▽↔ 巨視的

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の微視的の言及

【ミクロ】より

…〈小さい〉ことを意味するギリシア語に由来する。ここでは英語のmicroscopic(微視的)の省略形として,かつ自然科学の文脈に限って理解することにする。ミクロな視点の取り方は,状況によって多様に変化する。…

※「微視的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

微視的の関連キーワードボルツマンの式(エントロピー)オンサガーの相反定理ローレンツの電子理論ミクロカノニカル分布マイクロスコピックボルツマンの原理因果律(量子論)カノニカル分布ミクロ(物理)マクロ(物理)ミクロ経済学量子統計力学ラン(藍)藻等重率の原理熱力学の法則微視的社会学微視的状態統計熱力学ミクロ分析電荷保存則

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微視的の関連情報