コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

場当(た)り バアタリ

デジタル大辞泉の解説

ば‐あたり【場当(た)り】

[名・形動]
演劇や集会などで、その場に合わせた機転で人気を得ること。「場当たりをねらった芸」
物事に計画性がなく、目先の効果だけを考えたその場の思いつきで行うこと。また、そのさま。「場当たりな(の)言動」「場当たり的な政策」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

場当(た)りの関連キーワードモスクワ芸術座オートレース関東地方織物工業衡平

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android