コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七支刀 しちしとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七支刀
しちしとう

「ななつさやのたち」ともいう。奈良県天理市石上 (いそのかみ) 神宮の神宝として伝世された全長 75cmの鉄剣。身の両側縁から3本ずつの枝刀が出ているところからこの名がある。身の両面に 61文字の金象眼銘が存しているが判読しがたい部分が多いので,文意については異説が多い。『日本書紀』神功皇后の条の百済献上の七枝刀に相当するという説もあり,中国の刀剣がすでに朝鮮を経て日本に招来されていたことを実証するものとみなされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しちし‐とう〔‐タウ〕【七支刀】

奈良県天理市の石上神宮(いそのかみじんぐう)伝世の鉄剣。長さ約75センチ、左右に3本ずつの枝刃を交互に出す。金象眼の銘文に4世紀後半に百済(くだら)で作られたとあり、「日本書紀」記載の七枝刀(ななさやのたち)にあたるとみられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

七支刀【しちしとう】

奈良県天理市石上(いそのかみ)神宮に伝わる全長約75cmの鉄製の剣。左右交互に3本ずつの支刀をもつ特殊な形態の刀で,剣身の両面にある銘文から,倭(わ)王に贈るために泰和4年(369年)百済(くだら)で作られたと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちしとう【七支刀】

奈良県天理市の石上(いそのかみ)神宮に古来より神宝として伝えられた鉄剣。全長74.9cm。左右交互に各3個の分枝をもつ特異な形状は,《日本書紀》神功紀52年条にみえる〈七枝刀(ななつさやのたち)〉の名と合致する。刀身の表裏両面に金象嵌された61文字の銘文は,4世紀後半の東アジア国際関係を示す金石文史料として貴重である。銘文は判読が困難な部分が多く,多種の判読案が出されているが,表銘は〈泰[和]四年[五]月十六日丙午正陽,造百練[銕]七支刀,[生]辟百兵,宜[復]供侯王,□□□□作〉と読める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しちしとう【七支刀】

奈良県天理市石上いそのかみ神宮所蔵の古代の鉄剣。長さ75センチメートルで、刀身の左右に三本ずつの枝刀が出ている。刀身の両面に銘文があり、百済から日本に贈られたものであることがわかる。四世紀後半の作。ななつさやのたち。

ななつさやのたち【七支刀】

しちしとう(七支刀) 」に同じ。 「 -一口、七子鏡一面、及種々の重宝を献る/日本書紀 神功訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七支刀
しちしとう

奈良県天理市布留(ふる)に鎮座する石上(いそのかみ)神宮所蔵の伝世呪刀(じゅとう)。「ななつさやのたち」ともよぶ。全長74.9センチメートル、刀身およそ65センチメートルの鍛鉄の刀で、刀身の表と裏とに金象眼(きんぞうがん)の銘文(61字)がある。「泰(和)四年(369)五月十(六)日丙午正陽」で始まるこの銘文には「七支刀」とあり、「百済(くだら)王世子」が「倭(わ)王」にもたらした呪刀であることが判読される。『日本書紀』の神功(じんぐう)皇后52年9月の条に「久(くてい)等、千熊長彦(ちくまながひこ)に従ひて詣(いた)り、則(すなわ)ち七枝刀一口、七子鏡(ななつこのかがみ)一面及び種々の重宝を献る」とある例などに基づいて、百済王が服属の証(あかし)として献上した刀と解釈する説があるけれども、銘文のどこにも献上を意味する文言はない。献上説に対して百済王からの下賜説も主張されているが、当時の東アジアの情勢のもとで銘文自体に即して正当に釈文することが必要である。作刀の主体が「百済王」ではなく、「百済王世子」であったことも見逃せない。369年のころは百済の勢力が高まり、371年には百済の勢力は平壌に侵入して、高句麗(こうくり)の故国原(ここくげん)王は戦死する。そうした百済側の状況も考慮しなければならない。石上神宮では長く伝世し、神事でも「七支刀」は神聖視されて、「六(むつまた)刀」「六(ほこ)」ともよばれていた。目釘(めくぎ)穴がなく、茎(なかご)の部分が短いことも注意される。[上田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の七支刀の言及

【数】より

…7にも聖数と忌数の両方の性質があり,とくに人生儀礼では生と死,此の世と異界などの移行の儀礼の際に重視されている。7は七福神,七賢人,七珍万宝,七支刀,七曜剣などという反面で,七難八苦,七転八倒,七去,七曲,七化(ななばけ),七変化(しちへんげ),七里結界(けつぱい),七不思議,七人ミサキなどということばがある。また七草,七所祝い,お七夜,初七日,七五三,七つ祝い,七庚申,七墓詣など民俗儀礼ではたいせつな数とされている。…

【大和朝廷】より

…(a)前期 記紀年代を修正すれば,4世紀後半より5世紀末までにあたる。石上神宮の七支刀(しちしとう)の銘に,泰和4年(369),〈百済王〉から〈倭王〉に,国交開始を記念するためであろう,七支刀が贈られたことが記され,広開土王碑に辛卯(391)より甲辰(404)まで,倭が百済,新羅と交流をもちつつ,高句麗とはげしく戦ったことが記録されている。その主体となった倭王もヤマト王権をさす。…

※「七支刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七支刀の関連情報