コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万年山 はねやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万年山
はねやま

大分県西部,玖珠町南部,九重町との境界付近にある山。標高 1140m。含輝石安山岩の溶岩層の上に,万年山溶岩層を載せた二重式メサ (溶岩台地浸食を受けて残った二重の台状の地形) である。山頂ではミヤマキリシマドウダンツツジが美しく,九重連山,阿蘇連峰を一望におさめる眺望は雄大。耶馬日田英彦山国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はねやま【万年山】

大分県中西部,玖珠(くす)盆地の南にある山地で,標高1140m。山頂が平たんな典型的メーサ地形の山で,その形から軍艦山とも呼ばれる。上下2段になった二重メーサであることが特色。上段は上バネといい万年山溶岩からなり,下段は下バネといい筑紫溶岩からなる。ミヤマキリシマが咲く頂上は眺望がすばらしく,九重山,英彦(ひこ)山,鶴見岳由布(ゆふ)岳がみえる。耶馬日田英彦山国定公園に属し,山頂近くまで自動車で行くことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万年山
はねやま

大分県西部、玖珠(くす)盆地の南西側を限る山。標高1140メートル。標高600~900メートルの含輝石安山岩の溶岩層(俗称下バネ)の上に、東西3キロメートル、南北500~600メートルの万年山溶岩層(上バネ)がのる二重式メサ。山頂にミヤマキリシマの群落があり、九重(くじゅう)・阿蘇(あそ)など四周の展望がよく、耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれている。山麓(さんろく)を巡るJR久大(きゅうだい)本線豊後森(ぶんごもり)・恵良(えら)・引治(ひきじ)各駅から徒歩3時間、自動車道もある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の万年山の言及

【等持院】より

…京都市北区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号は万年山。本尊は釈迦如来。…

※「万年山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万年山の関連キーワード徳島藩主蜂須賀家墓所大泉寺(山梨県)別府島原地溝帯熊本(県)北野元峰熊本地震秀山瑞藤相国寺慈尊院大泉寺青松寺等持院天瀬玄亀

万年山の関連情報