コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三世相錦繡文章 さんぜそうにしきぶんしょう

1件 の用語解説(三世相錦繡文章の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんぜそうにしきぶんしょう【三世相錦繡文章】

歌舞伎狂言。浄瑠璃世話物。6段。通称《お園六三(ろくさ)》《三世相》。3世桜田治助作。1857年(安政4)7月江戸中村座初演。常磐津豊後大掾(4世常磐津文字太夫),常磐津小文字太夫三味線4世岸沢古式部(5世岸沢式佐),6世岸沢式佐らの全段出語り。配役はお園を2世片岡我当,福島屋清兵衛を市川猿三郎,梶野長庵を関歌助,福清女房おかぢを5世嵐小六,六三郎を2世沢村訥升ほか。1749年(寛延2)3月に大坂南新屋敷福島屋抱え遊女お園と大宝寺町の大工六三郎が心中した事件は,すぐ同月に豊竹座で《八重霞浪花浜荻(やえがすみなにわのはまおぎ)》として劇化上演され,以来さまざまに書き替えられてきたが,本作は奇抜な趣向で新奇さをねらった江戸前世話浄瑠璃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三世相錦繡文章の言及

【常磐津節】より

… しかし,1860年(万延1)4世文字太夫(豊後大掾)と4世岸沢古式部(5世式佐)が対立,岸沢派が袂を分けて独立した。通説では1857年(安政4)に大当りをした《三世相錦繡文章(さんぜそうにしきぶんしよう)》の功名争いをその原因とするが,《三世相》上演後2年は同席しているのでそれだけではなく,岸沢古式部に独立の意志があり,それがたまたま文字太夫との紛争をきっかけとして表面化したと推測される。分裂後文字太夫は2世佐々木市蔵を,小文字太夫は初世常磐津文字兵衛を三味線方とし,岸沢古式部は太夫となり6世式佐を三味線方としたが,82年7世小文字太夫(常磐津林中)により和解が成立,その記念として《釣女》《松島》が作られている。…

※「三世相錦繡文章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone