三十二年テーゼ(読み)さんじゅうにねんテーゼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十二年テーゼ
さんじゅうにねんテーゼ

1932年5月コミンテルン執行委員会西ヨーロッパ・ビューローによって決定された「日本における情勢日本共産党任務に関する方針書」のこと。日本の支配体制を絶対主義的天皇制とみなし,きたるべき日本革命は天皇制を打倒し,地主制を廃止するブルジョア民主主義革命であり,社会主義革命はその次の段階とする二段階革命論の立場を明確にした。日本では河上肇翻訳で同年7月 10日『赤旗』特別号に掲載され公にされた。同種のものには 27年,31年のものがある。これらのテーゼは当時の日本の経済理論,社会主義運動理論に大きな影響を与え,活発な論争を引起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうにねんテーゼ【三十二年テーゼ】

1932年(昭和7)コミンテルンが作成した、日本共産党に対する指示書の通称。天皇制打倒・寄生地主制廃止などを当面の任務とし、ブルジョア民主主義革命から社会主義革命への転化を指示。 → 二十七年テーゼ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじゅうにねん‐テーゼ サンジフ‥【三十二年テーゼ】

(テーゼはThese) 一九三二年(昭和七)五月、コミンテルンの西ヨーロッパ書記局が、当時の日本共産党のおかれた情勢とその任務について指示した方針書「日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」をいう。日本が満州事変を始めたことに対して反戦闘争の重要さを強調し、ブルジョワ民主主義革命から社会主義革命への強行的転化を指示したもので、日本共産党はこれを承認した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android