コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十二年テーゼ さんじゅうにねんテーゼ

3件 の用語解説(三十二年テーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十二年テーゼ
さんじゅうにねんテーゼ

1932年5月コミンテルン執行委員会西ヨーロッパビューローによって決定された「日本における情勢と日本共産党の任務に関する方針書」のこと。日本の支配体制を絶対主義的天皇制とみなし,きたるべき日本革命は天皇制を打倒し,地主制を廃止するブルジョア民主主義革命であり,社会主義革命はその次の段階とする二段階革命論の立場を明確にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうにねん‐テーゼ〔サンジフニネン‐〕【三十二年テーゼ】

昭和7年(1932)、コミンテルン日本共産党に指示した運動方針。日本革命の性質を、社会主義革命への強行的転化の傾向をもつブルジョア民主主義革命と規定し、講座派の理論的支柱となった。→二十七年テーゼ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんじゅうにねんテーゼ【三十二年テーゼ】

1932年(昭和7)コミンテルンが作成した、日本共産党に対する指示書の通称。天皇制打倒・寄生地主制廃止などを当面の任務とし、ブルジョア民主主義革命から社会主義革命への転化を指示。 → 二十七年テーゼ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三十二年テーゼの関連キーワード公務員職権濫用罪沼津アルプス岩国港山陰・夢みなと博覧会しおのえ竜ケ岩洞洞窟資料館きつき城下町資料館製糖業竹富[町]国連子どもの権利条約

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone