コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三昧堂 サンマイドウ

百科事典マイペディアの解説

三昧堂【さんまいどう】

三昧を修する堂舎。天台系統の大伽藍(がらん)に置かれる。法華経を講じるものを法華三昧堂,念仏を修するものを常行三昧堂という。最澄が比叡山上に四種三昧堂を建立せんと発願したのに由来し,円仁によって,法華・常行の両堂が建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんまいどう【三昧堂】

〘仏〙
法華三昧・念仏三昧などの三昧を修する堂。
墓所にある葬式用の堂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三昧堂
さんまいどう

寺院において三昧(精神集中の修行)を修する堂舎。常住の僧が、法華(ほっけ)三昧、念仏三昧などの法事を行う。古く最澄(さいちょう)が四種三昧院の建立を発願したことに起因し、ついで円仁(えんにん)が比叡山(ひえいざん)に法華三昧堂、常行(じょうぎょう)三昧堂を建立した。その後、天台宗の寺院だけでなく、高野山(こうやさん)や東大寺などにも三昧堂が建てられた。1021年(治安1)に創建された東大寺の三昧堂は、四月堂ともよばれて現存し、国宝に指定される。[永井政之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三昧堂の関連キーワード浄妙寺(京都府)浄土教美術誉田八幡宮摩多羅神常行三昧藤原師輔引声念仏軽物座円教寺不断経願成寺三昧聖浄土教法成寺清閑寺東大寺多田院富士卵隅田荘根本寺

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android