コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三枝和子 サエグサカズコ

4件 の用語解説(三枝和子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さえぐさ‐かずこ【三枝和子】

[1929~2003]小説家。兵庫の生まれ。日本ペンクラブ女性作家委員会初代委員長。「鬼どもの夜は深い」で泉鏡花文学賞受賞。他に「処刑が行なわれている」「薬子の京」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三枝和子【さえぐさかずこ】

小説家。兵庫県生れ。関西大学大学院中退。京都で教員をしながら創作活動に入る。反リアリズム的手法の小説を通じて,男性社会と女性原理をめぐる問題を追求した。代表作は《処刑が行われている》(1969年,田村俊子賞),《八月の修羅》,《鬼どもの夜は深い》(1983年,泉鏡花賞)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三枝和子 さえぐさ-かずこ

1929-2003 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和4年3月31日生まれ。森川達也の妻。昭和38年「葬送の朝」で注目される。反リアリズムの立場にたち,「審美」を発表の場に,実験的な表現手法を駆使して作品をかく。44年「処刑が行なわれている」で田村俊子賞,58年「鬼どもの夜は深い」で泉鏡花文学賞。日本ペンクラブ女性作家委員会の初代委員長。平成15年4月24日死去。74歳。兵庫県出身。関西学院大卒。作品はほかに「小説小野小町」「薬子の京」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三枝和子
さえぐさかずこ
(1929―2003)

小説家。神戸市に生まれる。関西(かんせい)学院大学文学部哲学科卒業。在学中はヘーゲルを研究、のちサルトルに傾倒。また一方で能の世界に深い関心を抱き、その様式、芸術的精神を自身の文学世界に投影させる。夫の森川達也(たつや)らと『無神派文学』に拠(よ)り作家活動を始め、1963年(昭和38)『葬送の朝』(のち『八月の修羅(しゅら)』と改題)で文芸賞に佳作入選する。68年第一創作集『鏡のなかの闇(やみ)』で注目され、70年第二創作集『処刑が行なわれている』で田村俊子(としこ)賞を、83年には『鬼どもの夜は深い』で泉鏡花(きょうか)賞を受賞。ほかに『月の飛ぶ村』(1979)、『思いがけず風の蝶(ちょう)』(1980)などがある。混沌(こんとん)とした事象のなかに存在の原理を問い、『野守の鏡』(1980)、『崩壊告知』(1985)、『半満月など空にかかって』(1985)、『幽冥(ゆうめい)と情愛の契りして』(1986)、『女たちは古代へ翔ぶ』(1986)、『群ら雲の村の物語』(1987)、『その日の夏』(1987)、『その冬の死』(1989)、『小説清少納言(せいしょうなごん)』(1989)、『小説かげろうの日記』(1989)、『男たちのギリシア悲劇』(1990)、『その夜の終りに』(1990)など、村落共同体を舞台にし、あるいはギリシア悲劇に父権制への転換点をみ、女と敗戦、古典の物語小説化など、小説形式の可能性を探求し続けた異色の作家である。[岡 宣子・橋詰静子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三枝和子の関連キーワード三輪良平阿部照哉大塚正徳大歳克衛久保亘甲田綏郎諏訪優高嶋健一津金孝邦宗政五十緒

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone