コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三殿台遺跡 さんとのだいいせき

3件 の用語解説(三殿台遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんとのだいいせき【三殿台遺跡】

横浜市磯子区岡村町にあり,縄文時代から古墳時代にかけての台地上の集落遺跡。1959‐61年に台地上全面が約1万m2にわたって発掘され,縄文時代8戸,弥生時代151戸,古墳時代43戸,時期不明51戸の竪穴住居が重なり合って発見された。なかでも弥生時代中期後半の宮ノ台式期の住居は,8戸が火災で類焼しており,廃棄された状態で発掘された。この8戸の竪穴は,どれも隅丸方形の平面をもち,1辺が6~7mで40m2前後の広さであるが,たった1戸のみ100m2を超える母屋のような性格をもつ住居があって,このような8戸が弥生中期の一時期の村落であったことがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

さんとのだいいせき【三殿台遺跡】


神奈川県横浜市磯子区岡村にある集落跡。市の東南部に位置し、標高55mほどのなだらかに起伏する丘陵台地に所在。1961年(昭和36)の発掘調査により、遺跡は1万m2の範囲に、縄文時代後期(約3500年前)、弥生時代中・後期(約2300~1900年前)、古墳時代(約1700年~1300年前)の3時代にわたる集落跡の存在が確認された。出土物にも大陸系磨製石斧(せきふ)類と磨製石鏃(せきぞく)、銅釧(どうくしろ)や銅製指輪など、見るべきものも多く、1966年(昭和41)に国の史跡に指定された。確認された竪穴(たてあな)式住居跡の総数は約250棟で、現在この住居跡は埋め戻されて時代別に色別標石が置かれているが、一部の住居跡はガラス張りの保護棟のなかで見ることができ、復元住居棟や、出土品などを展示する三殿台考古館もある。横浜市営地下鉄蒔田駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三殿台遺跡
さんとのだいいせき

神奈川県横浜市磯子(いそご)区岡村町にある縄文時代から古墳時代にかけての遺跡。国指定史跡。台地の縁辺部に縄文時代中・後期の小貝塚数か所が点在し、古く「屏風(びょうぶ)ヶ浦村貝塚」として知られていたが、これらはほとんど現存しない。また、北側斜面にハマグリ、アサリなどからなる弥生(やよい)時代の貝塚があり、宮ノ台式土器などが出土した。約1万平方メートルの広さをもつ台地上平坦(へいたん)部には、縄文、弥生、古墳の三つの時代にまたがる集落が営まれた。1959年(昭和34)から61年にかけて全域の発掘調査が行われ、250を超える多数の竪穴(たてあな)住居址(し)、その他の遺構が発見された。このうち縄文時代の住居址8、弥生時代の住居址約200、古墳時代の住居址43を数えた。全体の8割以上は弥生時代のものであり、とくに中期から後期にかけて大きな集落が存在したことを物語っている。このうちには、長径14メートルを超える巨大な楕円(だえん)形の竪穴住居址もみられた。現在、これらは埋め戻され、その上に時代・時期を表した標柱が立てられ、一部は樹脂加工されて保護棟の中に保存されている。また、各時代の復原住居もみられ、さらに各種の出土遺物は、現地の一角にある考古館に収蔵・展示され、野外博物館として活用されている。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三殿台遺跡の関連キーワード神奈川県横浜市磯子区磯子神奈川県横浜市磯子区磯子台神奈川県横浜市磯子区岡村神奈川県横浜市磯子区栗木神奈川県横浜市磯子区杉田神奈川県横浜市磯子区滝頭神奈川県横浜市磯子区田中神奈川県横浜市磯子区中原神奈川県横浜市磯子区峰町神奈川県横浜市磯子区森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone