三珠[町](読み)みたま

百科事典マイペディアの解説

三珠[町]【みたま】

山梨県中部,西八代(にしやつしろ)郡の旧町。北西部は笛吹川の低地で,主集落上野があり身延(みのぶ)線が通じる。米,果樹,野菜の複合農業経営を行う。2005年10月,西八代郡市川大門町,六郷町と合併し町制,西八代郡市川三郷町となる。29.47km2。4205人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みたま【三珠[町]】

山梨県中南部,西八代郡の町。人口4178(1995)。甲府盆地南縁に位置し,笛吹川下流南岸を占める。戦国時代には九一色(くいしき)郷と呼ばれ,甲斐と駿河を結ぶ近道にあって武田氏に重視された。北部の低地は水田に,中部の曾根丘陵,芦川扇状地は桑園と果樹園に,南部の御坂山地北斜面は山林に主として利用されている。農業が中心で,米作のほか近年,野菜やブドウの生産が伸び,れんこんの特産もある。工業は小規模な繊維工場と近年進出した自動車部品工場などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android