コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川大門 いちかわだいもん

3件 の用語解説(市川大門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川大門
いちかわだいもん

山梨県中部,市川三郷町西部の旧町域。甲府盆地の南西部に位置し,笛吹川釜無川の合流点付近の東岸を占める。 1900年町制。 1954年高田村,1955年山保村の一部,1956年大同村の一部をそれぞれ編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちかわだいもん〔いちかはダイモン〕【市川大門】

山梨県西八代(にしやつしろ)郡市川三郷町の地名。江戸時代は幕府の代官所が置かれた。古くからの和紙の産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川大門
いちかわだいもん

山梨県中部、西八代(にしやつしろ)郡にあった旧町名(市川大門町(ちょう))。現在は市川三郷(いちかわみさと)町の中央部を占める。旧市川大門町は1900年(明治33)町制施行。1954年(昭和29)高田村を編入、1955年山保(やまほ)村、1956年大同村の各一部を編入。2005年(平成17)三珠(みたま)町、六郷(ろくごう)町と合併し市川三郷町となる。旧町域は甲府盆地の南西端、釜無(かまなし)、笛吹(ふえふき)両川の合流点の東部に位置する。JR身延(みのぶ)線が通じる。古くは市川郷(ごう)と称して、紙を漉(す)くことを業とした伝統的な和紙(市川紙)の産地。中世、源義清(よしきよ)が荘司として土着し、甲斐(かい)源氏の発祥地ともなった。江戸時代の後半には幕府の代官が置かれ、約8万石の所領の統括がなされた。明治以降も郡役所が置かれ、地方中心都市として、和紙生産の町として栄え、製紙業者は明治時代約370戸を数えた。第二次世界大戦後は障子紙、和紙、市川花火の生産のほか、メリヤス製造業、自動車部品工場などもでき、工業生産は多彩化している。農業は、養蚕主体であったが近年は果樹栽培への転換が進んでいる。史跡、名勝としては甲斐源氏館(やかた)跡や、県立自然公園に指定されている山上湖の四尾連(しびれ)湖がある。また、初世団十郎が市川姓を唱えたのも、生家がここの上野にあったためといわれる。[横田忠夫]
『『市川大門町誌』(1967・市川大門町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川大門の関連キーワード山梨県西八代郡市川三郷町岩下山梨県西八代郡市川三郷町岩間山梨県西八代郡市川三郷町上野山梨県西八代郡市川三郷町落居山梨県西八代郡市川三郷町楠甫山梨県西八代郡市川三郷町五八山梨県西八代郡市川三郷町高田山梨県西八代郡市川三郷町中山山梨県西八代郡市川三郷町垈山梨県西八代郡市川三郷町山保

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市川大門の関連情報