コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三社託宣 さんじゃたくせん

6件 の用語解説(三社託宣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三社託宣
さんじゃたくせん

伊勢神宮のアマテラスオオミカミ,春日神社春日大明神石清水八幡宮八幡大菩薩の託宣を一幅に書き記したもの。正直,清浄,慈悲が説かれている。神儒仏三教を融合するとともに,皇室,貴族,武士の信仰を1つにまとめている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんしゃ‐たくせん【三社託宣】

天照大神八幡大菩薩春日大明神託宣を一幅に書いたもの。信仰の対象として、室町時代から江戸時代末まで、吉田神道の発展に伴い広く流布した。神道家の偽作といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三社託宣【さんしゃたくせん】

伊勢・八幡(武家の祖神)・春日(公家の祖神)の三神の託宣を三尊形式にしるしたもの。護符や貼札(はりふだ)のように礼拝用として室町時代から民間に流布され,伊勢神は正直を,八幡神は清浄を,春日神は慈悲を最要とすることをすすめ,三つの徳目は中世以降に伊勢神宮石清水(いわしみず)八幡宮春日大社で特に強調された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんしゃたくせん【三社託宣】

伊勢神宮(天照皇大神宮),石清水八幡宮(八幡大菩薩),春日大社(春日大明神)の三社の託宣,神のお告げを記したもの。中世後期からみられ,近世には広く庶民信仰として普及した。中央には天照大神宮,右に八幡大菩薩,左に春日大明神と記し,その下に託宣を載せて一軸の掛軸に仕立てたものが床の間に飾られ,信仰の対象とされた。託宣の内容は神道・儒教・仏教の三教融合思想に基づき,正直・清浄・慈悲観を強調している。この正直・清浄・慈悲の三つの徳目は,中世以降,伊勢・石清水・春日の三社においてとくに強調された徳目であり,中世神道思想の基本的考え方はこれに由来している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんしゃたくせん【三社託宣】

天照大神・八幡大菩薩・春日大明神の託宣を一幅に書いたもの。正直・清浄・慈悲を強調する。室町末期より、吉田神道の発展とともに広く流行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三社託宣
さんじゃたくせん

伊勢(いせ)神宮(天照皇太神宮(てんしょうこうたいじんぐう))・石清水八幡(いわしみずはちまん)宮・春日(かすが)大社三社の神のお告げ(託宣)という形式で、神道(しんとう)の教化的な教義としたもの。起源由来などは不詳。一説として、たとえば1658年(明暦4)板行の『三社託宣鈔(しょう)』には正応(しょうおう)年間(1288~93)に奈良東大寺庭前の池水に三社託宣の文字が明らかに現れた由を記す。その文字は次のとおり。

 掛軸で伝わるものは、皇太神宮を中心に左右にそれぞれ八幡と春日が配置されている。正直と清浄と慈悲の三つの徳目を神の示教としたもので、室町前期ごろから江戸末期にかけて吉田神道の発展とともに広く庶民信仰として普及し、三社託宣を書いた掛軸を床の間に飾って説教・礼拝することが流行した。三社はいずれも日本の象徴的神社であり、三徳は神儒仏三教の混融的思想の簡潔な表現で、わかりやすい点が一般に抵抗なく受容されたものとみられる。『続々群書類従』神祇(じんぎ)部に所収。[小笠原春夫]
『河野省三著「三社託宣の信仰」(1935) ▽河野国雄著「江戸時代に於ける三社託宣信仰の研究」(1937) ▽永島福太郎著「三社託宣の源流」(1938) ▽西田長男著「三社託宣に就ての管見」(1941)(以上『国学院雑誌』所収)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三社託宣の言及

【託宣】より

…諸社寺に伝わる託宣,神異,縁起などを編集した書物を託宣記といい,《八幡宇佐宮御託宣集》などがある。中世後期以降は,伊勢,石清水,春日の三社の託宣を掛軸に仕立て,床の間に飾って信仰の対象とする三社託宣が,広く庶民の間に流行した。神託【岡田 荘司】。…

※「三社託宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三社託宣の関連キーワード伊勢神宮皇大神宮天照皇大神宮教皇大神正八幡宮神宮大麻天照皇大神宮二所宗廟二所大神宮大神宮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone