上尾[市](読み)あげお

百科事典マイペディアの解説

上尾[市]【あげお】

埼玉県中東部の市。1958年市制。東の綾瀬川,西の荒川の間の洪積台地を占める。中心市街は中山道宿場町として発達,南西部の平方(ひらかた)は明治まで荒川の船着場であった。高崎線が通じる。自動車部品,金属,一般機器,電気機器などの工業が行われる。首都圏の拡大で住宅地化が進み,米麦中心であった農業果樹,野菜,施設園芸を中心とした都市近郊型へ変わっている。45.51km2。22万3926人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あげお【上尾[市]】

埼玉県南部の市。1955年上尾,原市,平方の3町と大谷,大石上平の3村が合体,58年市制。人口20万6090(1995)。大宮台地の中央部にあり,西境を荒川,東境を綾瀬川が流れる。中心街の上尾は中山道の宿場町,東部の原市は市場町,西部の平方は荒川の河岸集落から発展した。周辺の農村部は大麦サツマイモの産地として知られたが,現在は野菜や果樹づくりと畜産を中心とした近郊農業に変わってきている。高崎線と国道17号線が通じ,東京の都心へ40kmと交通の便が良く,平たん地も多いため,1960年代以後,平塚,坊山,領家の工業団地ができ,自動車,非鉄金属,食料品などの工場が誘致され,県内有数の工業都市となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android